ゆさん歩

自分が体験して良かったモノ、コトを紹介しています。

【モードクラシック】hevoのダブルコート「BRINDISI(ブリンディジ)」をレビュー!サイズ感やコーデも紹介します。

こんにちは、遊佐です。

大人の男性が持っておきたいアイテムの一つがウールコート。

カジュアルなダウンやアウターももちろん持っていたいですが、それだけだと対応できない大人ならではのシーンがあったりします。

そこで今回はオススメのコートとして、hevo(イーヴォ)の大人気モデル「BRINDISI(ブリンディジ)」を紹介していきます。

数年前よりコート界で評判になっており、間違いなく時代を代表するモデルです。

いつも通りサイズ感やコーデについても言及していますよ。

 

この記事はこんな人にオススメ
  • hevoはどんなブランド?
  • ウールコートが好き
  • 今っぽいデザインのコートが欲しい

 

【モードクラシック】hevoの名作「BRINDISI(ブリンディジ)」をレビュー!サイズ感やコーデも紹介します。

hevo brindisi

hevo

hevo(イーヴォ)は2010年にイタリアのプーリアで創業されたコートブランドです。

元々はOEMをやっていたテーラードのファクトリーでしたが、その後アウター・コート専業のブランドしてリスタートします。

プーリア発といえばパンツブランド「ベルウィッチ」を想起される方もおられるかもしれません。

偶然なのかモノ作りのアプローチが似ているんですよね。どちらもクラシックを軸に据えつつ現代的なデザインを施しています。

hevoに関して言えばモードテイストを含んでおり、クラシックを新しい解釈で表現しています。hevoというブランドの名前は「進化と感性」という言葉に由来しているのですが、言い得て妙というか、クラシックを独自の感性で従来の姿から進化させました。

hevoが作品を発表して以降、よく似たデザインのものが他ブランドからリリースされるようになり、そういう意味でも時代を牽引しているような気がしますね。

ベルウィッチと似ているところと言えば、比較的抑えられた価格設定も。両ブランドとも今季の価格は据え置きでしたが、来季はおそらく価格改定が入ると思われます。

BRINDISI

Hevoのラインナップでおそらく最も人気のあるモデルが今回ご紹介するBRINDISI(ブリンディジ)です。

hevo brindisi

種類としてはいわゆるベルテッドコートで、2Bダブルのデザインになっています。

肩を少しドロップさせ、裾に向けてふんわりシルエットを広げたゆったりとしたサイズ感が特徴的です。

ブランド紹介で述べたように、クラシックなデザインでありながらモードテイストを加味したような独特の雰囲気に仕上がっているんですよね。

イタリアブランドで黒のコートなんてひと昔前では考えられませんでしたが、2010年代後半にクラシックの世界にモードの流れが入ってきたことで、様相は一変。

そんな時代背景に、hevoは躍進してきました。

BRINDISIが初めて登場した時は、それこそコートの型が新しく生み出されたような新鮮な感覚を持ったのを今でも覚えています。実際このモデルが発表されて以降、BRINDISIに倣ったようなコートを他ブランドで見かけるようになりました。

hevo brindisi

個人的に好きなデザインが2Bダブル。

よくあるダブルコートだと6Bが採用されがちですが、クラシカル、ドレス過ぎてカジュアルに着こなしにくかったりします。

その点、2Bデザインはダブルスタイルを踏襲しつつ、シングルのような軽快さ備えていますので、カジュアルスタイルで気負いなく着こなせます。

hevo brindisi

着丈が十分に確保されていますので、ドレススタイルでも決まるのは言うまでもありません。着丈に加えて太めのラペルとダブルデザインから成る重厚感はスーツと合わせたくなりますね。

特に着丈は要チェックのポイントです。ここ数年でファッションのドレス回帰が進んだこともあり、コートの丈がショート→ミドル→ロングへと変遷してきていますので、その点からもBRINDISIはうまいところをついています。

hevo brindisi

素材はウール80%とナイロン20%の混紡で、メルトン生地になっています。

肉厚なので防寒性は申し分ありません。

メルトン生地の中には堅くガシガシした風合いのものも多いのですが、Hevoのものは比較的柔らかく、質の良さがうかがえます。

ウール、ナイロンの混紡素材はウール100%に比べて耐久性が上がるので、個人的に大好きな生地。狙って揃えたわけではないですが、手持ちのダッフルコートも同じ混紡メルトンが使われています。

www.yusanpo.com

見た目と実用性を兼ね備えた定番の混紡率なので、コート選びの際には参考にしてみてください。

コーデ

BRINDISIはドレスとカジュアルの両方のスタイルで使えると話しましたが、おすすめはカジュアルスタイルです。

hevo brindisi

knit: drumohr

pants: CABaN

shoes: adidas

 

リブパンツにスニーカーを合わせて、かなりスポーティ寄りにコーデしています。

というのもBRINDISI自体がガチガチのクラシック路線をとっていないので、堅く着てしまうと正直意味がないんですよね。

いかにラフに着られるか、気負いなく着られるか、遊んで着られるか。

つまりは適当にばさっと着るくらいが、BRINDISIの魅力を引き出すのにちょうどいい。

たださすがに1点ぐらいは大人っぽいアイテムは混ぜておきたいので、光沢感のある無地のミドルゲージタートルをインナーに選んでいます。

hevo brindisi

着こなしにアクセントつけたいときは、ベルトでウェストマークしてみるのもいいですね。

ウェストでキュッと無造作に結ぶことで、メリハリのあるふんわりシルエットが形成され、これがまたBRINDISIのカッコいいところです。

くれぐれも往年のコートスタイルのように、後ろでベルトを結ぶなんてことをやってはいけませんぞ。

 

サイズ感

管理人は172㎝、57kgの細身体型で、サイズ46を着用しています。

hevo brindisi

フィッティングとしては、中にローゲージニットやジャケットをスムーズに挟めるくらいのもので、特に胸周りと見頃には余裕があります。

肩はドロップさせていますので、いわゆるオーバーサイズに近いフィッティングだと思ってもらって大丈夫です。

サイズ44でも着用できたのですが、細身のシルエットになってしまい雰囲気が台無しになっていました。昔流行ったタイトシルエットが好きな方はサイズ落としてもいいかもしれませんが、それだとBRINDISIを選ぶ必要がなくなってくるので、オススメはしません。

僕ぐらいの身長、体重でサイズ48を選ぶ人もいるそうなので、そのあたりはぜひ試してみて欲しいです。

くれぐれもタイトフィッティングだけは避けてください。

まとめ

ここがポイント
  • 「hevo」はクラシックを独自進化させたコートブランド
  • 名作「BRINDISI」はコートの型を新たに生み出した
  • クラシックなデザインをベースにモードテイストを巧みに取り入れている
  • 堅く着るとこなれない。適当に着るくらいがちょうどいい。

時代性、こなれたデザイン、こなれた価格。これらが備わったコートは正直他に見当たりません。現代の最強コートと言えるかも。

PICK OUT

パンツの種類

パンツを制する

持っておくべきパンツを

形は色、デザインなど、カテゴリー別に

ラインナップしています。

コーディネートで一番重要な役割である

パンツの種類を押さえておきましょう。

HOT ENTRY

注目記事