ゆさん歩

人生を楽しむツール「ファッション」を綴ります

【NEWクラシック】la favola(ラファーボラ)のワークジャケットをレビュー!サイズ感やコーデも紹介します

こんにちは、遊佐です。

去年あたりからカジュアルなジャケットを探していたのですが、なかなかイメージしていたものが見つからずでいました。

昔はかちっとしたテーラードジャケットをプライベートでもよく着ていましたが、今は少しゆるさのあるデザインのものが好み。そしてついに見つけました。

そこで今回のブログでは、la favola(ラファーボラ)のワークジャケットをレビュー。いつも通りサイズ感やコーデも紹介します。

探していたデザインどんずばのもので、久しぶりにテンションの上がる買い物になりました。

間違いなく今季ベストバイの最有力候補です。

 

この記事はこんな人にオススメ
  • ラファーボラの評判は?
  • カジュアルジャケットが欲しい
  • クラシックをアレンジしたデザインが好き

 

【NEWクラシック】la favola(ラファーボラ)のデニムワークジャケットをレビュー!サイズ感やコーデも紹介します

ラファーボラ ワークジャケット

la favola

ラファーボラは2015年にスタートした日本ブランドで、イタリア語で「物語」を意味します。

クラシックでありながらも肩の力が抜けたデザイン、そして美しい線使いが特徴です。

デザインを手がけるのは業界では有名な平氏で、モデリストでもあります。さらに両親ともにテーラーといういわば仕立て屋サラブレッドのような人です。

当初はオーダー専門、しかも大々的にやっていたものではなかったのですが、仕上がりのカッコ良さが業界人の間で評判になり、彼らからの強い後押しを受けるような形で2019年から既成服を開始します。

 

ラファーボラのデザインはユニーク。もちろん奇を衒ったという意味ではなく、独創的ということです。

氏が一時期インポートブランドで働かれていた経験からなのか、クラシックをベースとしながらも、モードやデザイナーズブランドのようなテイストが入っているんですよね。クラシックのNEWタイプです。

ラファーボラ ワークジャケット

画用紙を千切ったようなブランドタグからもユニークさが伝わってきます。

クラシックどんずばよりも、他ジャンルのテイストを織り交ぜたスタイルが好きな人にはかなり刺さるブランドだと思います。

僕も例に漏れずそういうスタイル、デザインが好きなので、今回初ラファーボラですが、ここのブランドで毎年揃えたくなりました。

ワークジャケット

ラファーボラ ワークジャケット

今回ご紹介するのはコットンツイル生地のジャケットです。

2パッチポケットで、バストはポケットなし。

丸みのあるシルエットになっており、柔らかな曲線がエレガントさを演出します。

原型はフレンチワークジャケット。

ワークジャケットといえば、大ぶりの3パッチポケットに、小さめの襟、ボックス型のシルエットのものをイメージされると思います。

ラファーボラはそれをテーラードの解釈で再構築しました。つまりはラペルを付けて、サイドベンツを入れるといったデザインになっているのですが、それだけだとよくある解釈で別段面白みもない。

僕が気に入ったのは以下の点。

  • ワイドラペル
  • 段返り3ボタン
  • 強めの肩傾斜

ナポリ仕立てのような雰囲気が感じられるテイストが加味されています。

とどめはラグラン仕様でスポーティさも入れているところ。キメにいかないデザインのバランスが絶妙すぎて、完全に参りました。

このユニークかつ優れたデザイン性はテーラードを熟知し、他ジャンルの知見があればこそ。

ラファーボラ ワークジャケット

でも少し思ったのは、このデザインの意味がちゃんと伝わらないお客さんも多いだろうなということ。

「テーラードを熟知した人が作るワークジャケット」という側面を考えると、テーラードジャケットにこれまで触れてこなかった人や、逆に王道テーラードしか着てこなかった人からすると、デザインの意図がわからず単に「雰囲気あるジャケット」で終わるかもしれない。

それほど繊細でマニアックなデザインが施されており、とてもレベルの高い作品だと改めて思います。

ラファーボラ ワークジャケット

蹴回しがお気に入りポイントです。

ふわっとするアウトラインが実にエレガント。

ラファーボラ ワークジャケット

先ほども話しましたが、この太いラペルがかっこいいんですよね。

太けりゃいいってもんでもなく、全てのデザインが噛み合っているときのワイドラペルは並々ならぬオーラを放ちます。

ラファーボラ ワークジャケット

ポケットのディテールなんかはワークジャケットらしさが出てます。

ところで縫製がめちゃくちゃ綺麗なのが分かりますかね。

ラファーボラ ワークジャケット

この生地はデニムなんですが、あんまりデニムっぽくないんです。

ワークジャケットの素材としてはデニム然としたデニムが王道なのですが、クラシックなデザインを念頭におくと、このドレスデニムが非常に好相性。

肉厚なので保温性のあるものを着込めば年内はジャケット一枚で出歩けそうです。

ミドルゲージのタートルなんかは抜群に相性が良いでしょうね。

本当に良いものを見つけました。今後も購入し続けたいモデルです。

サイズ感

ラファーボラ ワークジャケット

172cm、57kgの僕はサイズ2(M相当)を着用しています。

インナーにミドルゲージ、5ゲージぐらいまでは余裕で着込めるフィッティングです。

サイズ1でも着れるのですが、テーラードではなく、あくまでもワークジャケットとしてのサイズ感で選ばないと雰囲気が半減しますので、そこらへんがサイズ選びの注意点でしょうか。

着丈が75㎝程度ありますので、170㎝以下の方はサイズ1の方がバランス取りやすいと思います。

ラファーボラ ワークジャケット

袖が少し長かったので、僕の場合は袖口を一折りしています。

ワークジャケットなので、ロールアップは自然とはまります。

 

コーデ

ラファーボラ ワークジャケット

INNER:auralee

PANTS:digawel

SHOES:crockett & jones

 

ゆったりとしたサイズ感で組み立てました。

骨太かつドレス感のあるスタイルで、まさにこのジャケットのテイストに沿ったクラシックアレンジです。

下手にレイヤードせずにシンプルにコーデするとカッコいいかと思います。

太めのブリーチデニムとか合わせてもいいですね。とにかく男っぽく、無骨に、そして品良くという意識でコーデします。

ラファーボラ ワークジャケット

足元は今季大活躍中のクロケット「ペンブローク2」です。

重量感のある装いのバランスを取るために欠かせないやつ。

秋冬は黒の外羽根ブルブローグを持っておくと重宝します。

まとめ

ここがポイント
  • ラファーボラはクラシックをベースにモードやデザイナーズのテイストを入れたNEWクラシック
  • フレンチワークジャケットはブランド定番の型。ワークジャケットにナポリ風のデザインを組み込んでいる
  • ゆったりとしたサイズ感。ワークジャケットとしてのサイズ選びが大事
  • 骨太かつドレス感のあるコーデがおすすめ。足元にも同様なテイストの革靴がハマる。

次はブレザーとコートを狙っています。

PICK OUT

パンツの種類

パンツを制する

持っておくべきパンツを

形は色、デザインなど、カテゴリー別に

ラインナップしています。

コーディネートで一番重要な役割である

パンツの種類を押さえておきましょう。

HOT ENTRY

注目記事