ゆさん歩

自分が体験して良かったモノ、コトを紹介しています。

【何がイイの?】IWCの時計を付けている人の性格や特徴を考えてみた

こんにちは、遊佐です。

男性が好きなものの1つが機械式腕時計。

決して安くない買い物だけに、色々なブランドを比較検討されると思います。

どのブランドを選ぶかは本当に人それぞれですが、今回のブログではIWCの時計を選ぶ人に焦点を当てていきたいと思います。

近い価格帯の中ではロレックスやオメガの知名度は群を抜いており、他にもブライトリングやパネライ、タグホイヤーなどが比較対象になる中、なぜIWCを選ぶのか?

実際にIWCを愛用する僕が自分の気持ちに耳を傾けながら記事にしました。

皆様が今後時計を購入する際の参考になると幸いです。

 

この記事はこんな人にオススメ
  • IWCはどんなブランド?
  • 派手なデザインは好きじゃない
  • 機械式腕時計を買おうと思っている

 

【何がイイの?】IWCの時計を付けている人の性格や特徴を考えてみた

IWC

IWC

IWCは1868年にスイスのシャフハウゼンで創業した時計ブランドで、正式名称は「International Watch Company」。

時計好きの人からは「インター」という名でも呼ばれていますね。

創業の地であるシャフハウゼンという地区はスイスの中でもドイツ語圏になっていまして、その土地柄かIWCの時計はドイツらしい職人気質で質実剛健な作りが特徴です。

その物作りへの姿勢はアフターケアにもあらわれており、高級機械式時計ブランドの中でも希少な永久保証が付けられています。

嫌味がない時計

IWCが人気の理由に、「上品」「嫌味がない」というのがあります。

飾り気のないシンプルなデザインで、時に無骨であるその姿からは、高級時計にありがちな「いやらしさ」といったネガティブな印象を感じさせません。

単にシンプルであることに拘っているのではなく、視認性や耐久性といった時計としての大前提ともいえる機能性を昇華させた結果、独特のシンプルデザインが生まれています。

インデックスの形や色の組み合わせ、文字盤内の配置などあらゆるデザインが、あくまでも機能性ありきなので、余計な装飾がないんですよね。

建築の世界で「形態は機能に従う」という有名な格言がありますが、IWCの時計はそれに近いのかも。

 

【こちらもオススメ】

www.yusanpo.com

どんな人が付けてる?

自分や周りを含め、IWCを愛用する人の特徴を大きく分類してみました。

あくまでも傾向ですが、みな大体どこかのカテゴリーに属しているはずです。

自己満である

時計に限らずですがIWCオーナーは世間一般の評価を気にせず、自分が気に入ったから買うという性格の持ち主であることが多いです。

というのもIWCの時計は、特に時計好きではない層には名前が浸透していないため、普段付けていてもロレックスやカルティエのように注目されることがまずありません。

つまり全くドヤることができないので、高級時計を持つことによる承認欲求を満たすことが出来ないんですよね。

リセールバリューもロレックスに比べると低く、資産価値として期待できません。

 

にも関わらず、決して安くない金額を払ってIWCの時計を持っているのは、自分さえ満足できていればそれで十分だと思っているからです。

だからこそ、同じ想いを共有できるIWCオーナーと遭遇すると嬉しいんですよね。

ただ最近はブランドの認知度が上がって、一般層にも浸透しかけているような気もします。

服好き

時計同様に、洋服にも自分なりのこだわりを持っている人が多いです。

ある程度自分なりのファッションスタイルを持っているので、トレンドを無視とまではいきませんが、大きく左右されることはありません。

特にポルトギーゼ以外のモデルを選ぶ人ほどこの傾向が強いかもしれないですね。

アイコニックな存在と化しているポルトギーゼ以外のモデルをわざわざ選ぶということは、マニアックとまではいきませんが相当自分なりのこだわりを持っているということです。

ファッション業界でもインフルエンサーを筆頭にオールドインターを着用している人が多いですね。

ドイツ製品が好き

IWC

本人が意識しているか否かは定かではありませんが、IWC好きの人はドイツ製品を好む傾向があるかもしれません。

 

ドイツ製品といえば、

ビルケン、アディダス、リモワ、フランクリーダー、ジルサンダー、モンブラン、ハインリッヒディンケラッカー、アウディなど。

僕も上記のブランドは好きですし、それに加えて時計ブランドだとユンハンス、ミューレグラスヒュッテも好きです。

いずれのブランドも飾り立てないシンプルさが魅力。

厳密にはドイツ製品がというよりも、ドイツらしさ、いわゆる質実剛健さがあるものに心惹かれますね。

 

人気シリーズ

ポルトギーゼ

ポルトギーゼはIWCの大看板にして一番人気のシリーズで、その昔ポルトガル商人が航海時計をIWCに注文して作らせたのが名前の由来になっています。

白文字盤とゴールドカラーの組み合わせ、また縦に2つのインダイアルが並んでいるデザインが特徴で、とても上品な雰囲気を纏ったモデルです。

 

ポルトギーゼにはいくつかラインナップがあるのですが、圧倒的に人気なモデルがクロノグラフ。

クロノグラフとは思えないエレガントさがあり、多くのオーナーがその姿に見惚れるのも分かります。

デザインが完成されており、新作が出てもほとんどデザイン変更がされません。

青針や黒文字盤もあるけど、僕は金針白文字盤のオーソドックスモデルが断然好きだな〜。

ポートフィノ

ポートフィノはIWCの中でも一際優雅なシリーズ。

懐中時計のような丸みのあるデザインで、クラシックな雰囲気が出ているのが特徴です。

汎用性が高く、オンオフ問わず使いやすいのも魅力ですね。

 

3針モデルは価格30万円台と比較的手を出しやすいということで、IWCの入門機としてもオススメです。

スーツスタイルに合わせている人をたまに見かけるのですが、めちゃ知的な雰囲気を漂わせています。

僕はクロノグラフを所有しているのですが、購入前はポルトギーゼ一択だった僕の心を大きく変えてくれた思い出深いモデルです。

www.yusanpo.com

マーク

マークはパイロットウォッチのシリーズで、IWCのラインナップの中でもポルトギーゼと並んで人気が高いです。

ポルトギーゼ同様にデザインが完成されており、新作が出ても大きく変わることがありません。

なので時計にあまり詳しくなくてもマークは見たことがあるという人も多く、色々な時計ブランドがある中で、パイロットウォッチといえば必ずその名が挙がってくるモデルです。

ちなみにルクルト製のムーブメントを積んでいた6世代前のモデル「マークⅫ」はファンなら欲しいレアもの。

www.yusanpo.com

アクアタイマー

アクアタイマーはダイバーズウォッチ。

ポルトギーゼやマークに比べると認知度は低く、よく知らないという方も多いのではないでしょうか?

実際僕も街中で見かけることが滅多になく、これまでに確認できたのは2人ぐらい。

 

確かにサイズ、重量ともにかなりボリュームがあるので汎用性が低く、万人ウケはしないんですよね。

ただアクアタイマーはデザインが秀逸で、世代ごとにコアなファンを抱えています。

僕もその1人で「アクアタイマー2000」というモデルを所有しているのですが、純粋にデザインだけでいえば、アクアタイマーを含めたIWC歴代全モデルの中で一番好きですね。

www.yusanpo.com

まとめ

ここがポイント
  • IWCはドイツらしい質実剛健なデザインが特徴的
  • 飾り気がないなので、高級時計ならではの嫌味がない
  • IWCのオーナーは世間一般の評価よりも独自のこだわりを優先する気質を持つ

IWCの時計をして街中を歩いていると外国人からよく反応をもらいます。「nice watch!」と。

PICK OUT

金沢

金沢に行こう

今や一大観光地となった石川県金沢市。

一度行くとまた行きたくなる魅力が金沢にはあります。

旅行といえばグルメは欠かせません。

皆さんが金沢に行かれる際の参考になるように、オススメのお店を紹介します。

HOT ENTRY

注目記事