ゆさん歩 trip & hobby

金沢と富山を元地元民の目線でご紹介。また趣味であるカメラ、ファッション、脳科学についても少し書いていきます。

品行方正な時計「IWC ポートフィノ」

こんにちは。遊佐です。

本ブログは主として金沢と富山を案内するものですが、気が付けば人気記事に挙がるのはサブテーマの記事ばかり(笑)

サブテーマとはいえ、いやサブテーマだからこそかなりマニアックなことを書いているので、読んで頂いている数少ないコアな読者様には改めて御礼申し上げます。

そして今回もサブテーマの記事を書いています。

以前こんな記事を書きました。

www.yusanpo.com

この記事の中で、IWCのポートフィノについて少しだけ触れたところ反響がありましたので、今回は僕が所有するポートフィノクロノグラフについて書きました。

それでは早速いきましょう!

ポートフィノ クロノグラフ

f:id:yukinohini-yusa:20200331205428j:plain

スペック

まずは時計の仕様を載せておきます。

  • 機械式自動巻き
  • サイズ:42mm
  • 重さ:約94kg
  • ケース:ステンレススティール
  • 風防:サファイアクリスタル
  • daydate表示
  • パワーリザーブ約44時間
  • 3気圧防水

デザイン

シリーズ通して、シンプルでミニマルなデザインで作られています。特に3針タイプはその最たるもので、高級無地スーツにハマり過ぎるぐらい、大人の知的な雰囲気を放っています。クロノグラフは少しスポーティさが合わさるので、3針タイプに比べてアクティブな印象が強まりますね。

f:id:yukinohini-yusa:20200331210603j:plain

懐中時計をデザインベースにしており、ケースが全体的に丸みを帯びているのが特徴。

これが非常に美しく、僕が一番気に入っているポイントです。

f:id:yukinohini-yusa:20200331212044j:plain

リーフ針とインデックスの形状にも拘っており、全ての要素が高次元で融合した時計になっています。

名前の由来

ポートフィノという名前はイタリアのリグーリア海岸沿いにある港町の名前に由来しています。

絵に描いたような美しい港町で、こじんまりしていますが、隠れ高級リゾート地としても知られているんです。

よく著名人がお忍びで訪れており、時間がゆっくりと流れるこの地でリゾートを楽しんでいます。

ちなみに、東京ディズニーシーにある「メディテレーニアンハーバー」のモデル地です。

 

品行方正

f:id:yukinohini-yusa:20200331212513j:plain
この時計を一言で表すなら、品行方正です。

まさに振る舞いが上品で、内面もきちんとしているような人を想起させてくれます。

主張しないシンプルなデザインですが、一貫してブレない上品さがある、そんな控え目の美学を持っている時計です。

逆にいうと派手さが皆無なので、この時計を見てデザインが物足りないと感じる人もいると思います。

品行方正とは得てしてそういうものでもありますからね。

でももし控えめの美学、アンダーステイトメントな考え方を持っている方であれば、是非オススメしたい時計です。

当然ですが、自己顕示欲の塊のような人には全く向きません。

これは単に相性の問題なので、ポートフィノに限らず時計を選ぶポイントにしてもらってもいいと思います。

ファッション性

f:id:yukinohini-yusa:20200331212125j:plain

ドレスからカジュアルまで幅広く対応可能。上の画像ではディガウェルのピーコート,ジョンスメドレーのニット,オリバーゴールドスミスの眼鏡と合わせています。

3針タイプがスーツスタイルに特にハマるのに対して、このクロノグラフはカジュアルとの相性がより高いです。

僕は普段きれい目カジュアルに合わせることが多いのですが、ポートフィノの出自にあるように、リゾートスタイリングにもけっこうハマるんですよね。

ポロシャツにリネンショーツというラフな格好に、この時計をさらっと合わせていたらかなり格好いいですよ。

時計自体が、控えめの美学を持っているので、それに合わせる洋服も気負わず自然なスタイルがいいですね。

まとめ

さていかがでしたでしょうか。

ポートフィノはIWCコレクションの中で、最もシンプルで上品なシリーズといえます。

それでもやっぱりポルトギーゼ欲しくなっていませんか?(笑)

もちろんフラッグシップであるポルトギーゼが素晴らしい時計であることに全く異論はありませんが、まずはそれが自分に合っているのかということに思いを馳せて欲しいと思います。

以前の記事に書いたように、当初は僕もポルトギーゼ一択で時計屋さんに行きました。

しかし、実際にポートフィノを見たことで考え方ががらっと変わりました。

今でもナイス判断だと自分を褒め称えております。

それでは最後にまとめます。

  • ポートフィノクロノグラフは懐中時計がデザインベース
  • リーフ針がとても綺麗
  • 控えめの美学を持った時計
  • ドレスからカジュアルまで幅広く合わせられる

最後まで読んで頂きましてありがとうございます。