ゆさん歩

自分が体験して良かったモノ、コトを紹介しています。

【レビュー】サロモンのスニーカー「Salomon Advanced XT-QUEST」のサイズ感やコーデについて

こんにちは、遊佐です。

今回は僕が普段愛用しているサロモンのスニーカー「Salomon Advanced XT-QUEST」をご紹介します。

サイズ感やコーデ例についても言及していますので、参考にしてもらえると幸いです。

 

この記事はこんな人にオススメ
  • 普段履きにオススメなサロモンのモデルを知りたい
  • XT-QUESTのサイズ感を知りたい
  • XT-QUESTを使ったコーデが知りたい

 

【レビュー】サロモンのスニーカー「Salomon Advanced XT-QUEST」のサイズ感やコーデについて

XT-QUEST

Salomon Advanced(サロモン アドバンスド)とは?

Salomon Advanced(サロモンアドバンスド)は、フランスのアウトドアブランド「サロモン」が2018年に始動させたリミテッドシューズコレクション。

元々サロモンはトレイルランニングやアウトドア用のスポーツシューズをたくさん手がけてきていますが、そのアーカイブの中からデザイン性の高いモデルをセレクトし、それをベースに再構築したものがSalomon Advancedです。

ファッション性が高くて普段履きしやすいことから、おしゃれ好きからの人気をじわじわと集め始めており、アパレルブランドとのコラボもされています。

www.yusanpo.com

Salomon Advancedはメインコレクションと違って取扱い店舗が限定されており、日本ではビームスやトゥモローランド、エディションといった大手セレクトショップを中心に展開されています。

XT-QUEST

XT-QUEST

XT-QUESTはアッパーのデザインにトレイルランニングモデルの「XT-WINGS」を、ソールのデザインにはハイキングモデルの「QUEST 4D」をそれぞれ採用したハイブリッド型シューズで、軽快かつ安定性のある歩行ができる設計になっています。

 

オールブラックで統一されたお洒落なデザインと適度なボリューム感が現代ファッションに合わせやすく、2019年にアドバンスドにラインナップされて以降人気のモデルです。

XT-QUEST

アドバンスドの中でも比較的ギア感が強めのモデルですが、全パーツが黒色で統一されているためシックな雰囲気があり、アーバンスタイルに用いやすいです。

一口に黒色と言っても各パーツの素材によって色味が違い、それによって生じるグラデーションがカッコいいんですよね。

XT-QUEST

サロモンの顔であるクイックレース。

紐を結ぶ必要がないので、着脱がとてもしやすいです。

XT-QUEST

XT-QUESTを含めてSalomon Advanced(サロモンアドバンスド)は履き心地が抜群にいい。

足によくフィットし、クッション性がいいので、とにかく歩いていて楽。

この快適な履き心地を作り出しているのが、サロモン独自の技術「センシフィット」と「コンタグリップ」です。

 

センシフィット

レースを引っ張ることでサイドの三連パネルに作用し、まるで手で包み込まれているかのようにアッパーが足にフィットします。

ムラなく均一にフィットする様は、オーダシューズさながらです。

またシュータンがミッドソールまで繋がったエンドフィット構造になっているので、足全体のホールド力が高いのも特徴。

 

コンタグリップ

ぬかるみや足場の悪い地面では高いグリップ力を、コンクリートなどの硬い地面では高いクッション性を発揮します。

また耐久性が非常に高いので、なかなかソールが減ってきません。

 

サロモンの履き心地に慣れると、他のシューズを履かなくなりがちに・・・。

 

コーデ

定番ブランドのスニーカーはもとより、アドバンスドの中でもギア感が強い見た目なので、コーデがカジュアル過ぎるとアウトドア感満載になってしまいます。

先ほども少し触れましたように、XT-QUESTはアーバンスタイルに合わせやすいスニーカー。

タウンユースとして普段履きする際は、綺麗目のアイテムを1点組み込んだコーデを足元でハズすといった感じがオススメです。

コーデを3パターン紹介しておきます。

 

XT-QUEST

プリーツパンツにボアジャケットを合わせたスポーツミックスコーデ。

トラッドなパンツでもスポーツテイストにコーデすると、XT-QUESTを合わせやすいです。

 

XT-QUEST

セットアップにはもっと無難なデザインのシューズを合わせることが一般的には多いのですが、小綺麗にまとまり過ぎて面白味に欠けることもあります。

そんな時にXT-QUESTがいい具合に表情を付けてくれるんですよね。

 

 

XT-QUEST

XT-QUESTとモノトーンコーデは相性が良いので、コーデに困ったらブラックパンツを合わせます。

特にオールブラックコーデはXT-QUESTが映えるスタイル。

XT-QUEST

オールブラックで合わせる際に白ソックスを履くと、XT-QUESTのギア感がイイ意味でマイルドになるので、少しモードっぽくコーデしたい時はオススメです。

 

サイズ感について

ハイキングのシーンで分厚いソックスを履くことも想定されている為、サイズ感は大きめです。

ハイキングだけでなく冬シーズンに厚めのソックスを履いている人は、専用のソックスを履いて試着してください。

 

僕は普段履きでしか使用しないし、その際にも分厚いソックスを履くことはないので、シューズインソックスや普通のハイソックスを履く前提でサイズ選びをしています。

 

【管理人の足の特徴】

実寸 26センチ
特徴 幅広で、やや甲高。かかとは小さめ。

 

僕が履いているサイズは27センチ

サイズ選びの目安として、実寸に0.5〜1センチ足したものを選んでください。

僕の場合は26.5センチでも問題なく入るのですが、足囲のフィットが27センチの方が好みでした。

サイズを上げると足入れした際の踵のフィットが少し緩くなりますが、レースを絞るとしっかりと固定されるので問題ありません。

 

【参考までに他モデル、他ブランドの着用サイズ】

Salomon Advanced XT-4 27㎝(XT-QUESTよりタイトフィッティング)
Salomon Advanced XT-6 27㎝(XT-QUESTよりタイトフィッティング)
スタンスミス 26.5㎝(タイトフィッティング)
クロケット&ジョーンズ 7(ラスト325、341)、7h(337、348)
チャーチ 7h(173ラスト)

 

まとめ

ここがポイント
  • ギア感が強めで、シックなデザインがおしゃれ
  • 適度にボリュームがあるため、アーバンスタイルに合わせやすい
  • 履き心地が良く、歩いていて疲れない
  • サイズ感は大きめ

個人的にアドバンスドの中でも特に好きなモデルで、最近は一番着用頻度が高いスニーカーになっています。

PICK OUT

金沢

金沢に行こう

今や一大観光地となった石川県金沢市。

一度行くとまた行きたくなる魅力が金沢にはあります。

旅行といえばグルメは欠かせません。

皆さんが金沢に行かれる際の参考になるように、オススメのお店を紹介します。

HOT ENTRY

注目記事