ゆさん歩

自分が体験して良かったモノ、コトを紹介しています。

【キメすぎたくない】シャツジャケットのセットアップが便利!お洒落なメンズコーデを簡単に作る方法を紹介

こんにちは、遊佐です。

男性の皆さんは普段「セットアップ」を着ますか?

スーツやジャケパンほど堅苦しい雰囲気がないので、ビジネスシーンで利用しつつ、プライベートとも行き来できる便利なアイテムですよね。

なにより簡単にコーデが作れて見栄えするというのが魅力的。

 

最近ではビジネスシーンよりも休日のお出かけスタイルとして主に活用する人が新たに増えてきており、利用者層の広がりを感じます。

確かにセットアップの洒落感をビジネスシーンだけに使うのはもったいないですもんね。

 

とはいえ休日に着るには敷居が高いと感じている人もまだまだ多いです。

そこで今回は普段の休日でも気負いなく着られる、オススメのセットアップをご紹介していきます。

 

この記事はこんな人にオススメ
  • セットアップは好きだけど、着ていく場所や着るタイミングがない
  • 休日にジャケットを着るのがちょっと照れくさい
  • 簡単にお洒落なコーデをしたい

 

【キメすぎたくない】シャツジャケットのセットアップが便利!お洒落なメンズコーデを簡単に作る方法を紹介

シャツジャケット

セットアップは照れくさい?

メンズのセットアップと聞いてよくイメージされるのは、ジャケットを使ったセットアップだと思います。

インナーにTシャツやニットを、足元にはスニーカーやローファーを合わせているスタイルはイメージしやすいですね。

このスタイルは見た目がシュッとしてスタイリッシュなのですが、それ故にキメすぎ感が出やすいのも特徴。

 

キメすぎになる原因は、ジャケットのデザインがテーラードまたはテーラード風だから。

セットアップジャケット

ジャケットの素材をコットンやニットに変えようがインナーにTシャツを挟もうが、ラペルが付いたテーラード然とした見た目からは、スーツやジャケパンまではいかないまでも硬い印象を受けてしまうんです。

なので普段の休日に着ると「そんなカチッとした格好してどこ行くん?」みたいになって、ちょっと照れくさくなっちゃうんですよね。

 

とはいえセットアップの魅力は捨てがたいです。

コーデは楽だし、簡単にお洒落出来るし。

休日に普段着としても着たい。

そんな時は

 

「シャツジャケット、着ようぜ」

シャツジャケットとは

シャツジャケットは、シャツのように着心地が軽いジャケットのこと。

ジャケットという名前が付いていますが、先ほど出てきたテーラードタイプだけを指すわけではなく、ブルゾンやアウターのようなデザインも含みます。

そのため「シャツアウター」や「シャツブルゾン」と呼ばれたりすることもありますね。 

シャツジャケット

今回オススメしているシャツジャケットはテーラードタイプではなく、アウター調のデザイン。

生地が薄くて軽いので、羽織り感覚で使えます。

春秋シーズンに大活躍する他、軽装になりがちな夏のコーデにもシャツ感覚で一味加えられますよ。

キメすぎにならない 

シャツジャケットをオススメする理由は、着用のハードルが低いからです。

テーラードジャケットを着慣れている人は分からないかもしれませんが、テーラードを着るのが苦手な人ってけっこう多いんですよね。

苦手な理由は先ほどお話ししたように、着るのが照れくさいから。

またこういう人たちには「ブルゾンだったら全然着られる!」という人が多いのも特徴です。

 

そんなテーラードと違ってシャツジャケットは見た目がカジュアルなので、セットアップ時のキメすぎ感が格段に下がります

シャツジャケット

シャツジャケットでセットアップを組むと、具体的には以下のような効果が得られます。

  • セットアップならではのキチッと感を残しつつ、カジュアルな印象を与えられる
  • いい具合に抜け感が生まれるので、肩肘張らないお洒落ができる

 

シャツジャケット

セットアップですが堅苦しくなく、ゆる〜い雰囲気になっているのが伝わりますでしょうか?

袖やパンツのロールアップといった小技とも相性がいいので、リラックスしたコーデを作りやすいんです。

 

コーデのポイント

シャツジャケットに限らずですが、セットアップスタイルの魅力はお洒落なコーデを簡単に組めること。

なんせコーデにおいて一番めんどくさいジャケットとパンツのセレクトが最初から完了していて、 自分で選ぶのはインナーとシューズだけでいいんですからね。

とはいえシャツジャケットならではの選び方があるので順に解説していきます。

 

【インナー】

 

インナーにはTシャツなどのカットソーがオススメです。

シャツジャケット

中に着るものに迷ったら、カットソーの一択です。

注意点はシャツジャケットの雰囲気を壊さないように、あまり分厚い生地のものは選ばないこと。

 

ちなみにインナーにシャツはオススメしません。

シャツを挟むとシャツonシャツのようになり、襟が重なって見栄えが悪いです。

 

【シューズ】

 

基本的にはスニーカーが合わせやすくてオススメです。

ローテクからハイテクまで幅広く対応可能ですが、合わせやすいのは少しボリュームがあるスニーカーです。

シャツジャケット

というのもシャツジャケット式のセットアップは、ゆとりのあるシルエットになっていることが多いので、コンパクトなスニーカーを選ぶと全体のバランスが取りづらいんです。

 

【細身で適度にボリュームもあるスニーカー】

www.yusanpo.com

 

革靴もオススメです。

大人っぽいセットアップコーデが出来上がり、スマートカジュアル推奨のレストランぐらいは余裕で入れますよ。

特に30代以上の方々はトライしてみてください。 

選ぶ革靴はローファーやUチップなどカジュアルに合わせやすいものがいいですね。

 

www.yusanpo.com

www.yusanpo.com

 

 僕は革靴だとタッセルローファーをよく合わせています。

シャツジャケット

タッセルローファーはドレス色が強めですが、カジュアル系の服と合わせるといい雰囲気になります。

www.yusanpo.com

 

【バッグ】

 

セットアップスタイルのバッグはどんなものを選べばいいのか悩むと思います。

オススメはサコッシュ。

シャツジャケット

セットアップのコーデはシンプル故に抑揚がないので(それが良さでもあるが)、小物やアクセが活躍します。

サコッシュはバッグであると同時にアクセサリーとしての要素も併せ持ち、セットアップとは相性がいいんですよね。

ただアウトドア寄りのデザインが多いので、なるべくファッションに合わせやすいモデルを選んでください。

www.yusanpo.com

まとめ

ここがポイント
  • シャツジャケットのセットアップは、キメすぎない大人カジュアルを作れる
  • 抜け感があるので、肩肘張らないリラックスしたコーデが出来る
  • 時間をかけずに簡単にお洒落できる

セットアップは時間がない時や、何を着ようか迷った時に頼りになるので、1着持っておくと重宝しますよ。

PICK OUT

金沢

金沢に行こう

今や一大観光地となった石川県金沢市。

一度行くとまた行きたくなる魅力が金沢にはあります。

旅行といえばグルメは欠かせません。

皆さんが金沢に行かれる際の参考になるように、オススメのお店を紹介します。

HOT ENTRY

注目記事