ゆさん歩

自分が体験して良かったモノ、コトを紹介しています。

NEW POSTS!

家でも外でも着ていたい「YAAH」のスウェット

こんにちは、遊佐です。

皆さんは「気軽に着られてリラックス感を味わえる服といえば?」と聞かれて何を思い浮かべますか?

僕はそれはやはり「スウェット」なのかなと思うんです。

スウェットは耐久性、伸縮性、吸水性に優れて、シーズン通して着用できるデイリーなアイテム。

部屋着や散歩着としては鉄板ですよね。

近頃はデザイン性が強化されたものも多く、よそ行きのシチュエーションにまで対応できるようになっているのも魅力です。

 

そこで今回は僕が使っている国産ブランド「YAAH(ヤア)」のスウェットをご紹介します。

部屋着からお洒落着まで対応できる逸品です。

 

こんな人にオススメ
  • 快適に過ごせる部屋着を探している
  • お洒落着として使えるスウェットを探している
  • オーバーサイズのスウェットを探している
  • シンプルな黒スウェットを探している

 

家でも外でも着ていたい「YAAH」のスウェット

YAAH

「YAAH」とは

YAAH(ヤア)は2014年に、生産、パタンナー、工場のいわゆる「現場チーム」がタッグを組んで生まれた日本のファクトリーブランド。

ブランディングを先行させることなくモノづくりに焦点を置き、実際に携わる職人さんの拘りがつまっています。

展開している商品はカットソーやパーカー、スウェットパンツといった軽衣料のみでラインアップは小規模ですが、それが逆にこのブランドだけで一式揃えたくなるような気にさせてくれるんです。

 

服に限らずですが、「プロダクトの創出」そのものに心血を注ぐストイックで変態的なブランドが僕は大好きで、ついつい吸い寄せられてしまうんですよね。

ふんわり柔らかスウェット

YAAH

ブランド YAAH×ESTNATION
モデル クルーネックスウェット
色展開 ブラック、グレー
サイズ展開 S〜L
素材 コットン100%
生産国 日本
価格 18,700円(税込)

 

YAAHのスウェットは生地感がとても良い

目の詰まった生地ですが、空気を含ませながらゆっくり織っているので、ふっくらとした柔らかい風合いに仕上がっています。

スウェット特有の固さがなく、まるで何回も着て経年変化した時の柔らかさのようです。

YAAH

アームホールは大きめですが袖口に向けてテーパードしているので、着た時のシルエットバランスが取りやすいようになっています(記事後半に着用写真あり)。

YAAH

身頃両サイドにはリブが付けられているため、伸縮性が高まり動きやすいです。

チャンピオンのリバースウィーブ風。

YAAH

YAAHの裾リブの縦幅は少し細目に作られています。

このポイントは個人的に重要なんです。

たまに裾リブの幅が太いスウェットがあるのですが、腹巻みたいに見えて仕方がないんですよね。

どんなにいいデザインでもどんなにいい素材を使っていても、リブ幅如何で極上腹巻と化します。

YAAH

今回ご紹介しているYAAHのスウェットはセレクトショップ「エストネーション」のエクスクルーシブモデル。

裾口にはエストネーションとのコラボを示すタグが付けられています・・・。

 

「いらん」

 

最初はむしり取ってやろうと思いましたが着用した時に案外アクセントになったので、そのままそっとしておくことにしました笑

YAAH

そして裏地です。

スウェットといえば裏起毛ですが、着た時の肌触りがめちゃくちゃ良いんですよ。

シルキータッチといえばいいのか分かりませんが、当たりがとても滑らか。

気持ち良過ぎて、集中力切れかかっている時なんかはすぐに寝てしまいそうです。

これでタオル作ってくれませんかね??

 

ゆったりサイズ

YAAH
僕はジャストサイズのsizeMを着用。

肩は少しドロップしていて袖幅も広く、袖口に向けてテーパードしていきます。

身幅はけっこうゆとりがありますが、裾幅や着丈と上手く連携させて、シルエットがだらしなくならないようにしていますね。

このスウェットはゆったりとしたシルエットが特徴ですが、過剰なオーバーサイズとして作られていないので、流行りのいかにもなダブダブシルエットにはなりません。

やもすると子供っぽくなったり野暮ったくなってしまうゆったりシルエットを、要所要所でコントロールして大人っぽく仕上げているなーと感じます。

YAAH生地がふっくらとしている為、シルエットに柔らかさが出るんですよね。

抱きしめたくなるふんわりシルエットでしょう!?

スウェットのよさ

YAAH
コロナ禍の今、改めてスウェットというアイテムの良さを実感しています。

お家時間が増えて、家で快適に過ごせるアイテムの売れ行きが好調ですよね。

インテリアや家電、寝具など種類は様々ですが、平時なら特に拘っていなかったアイテムを見直す時間が出来ました。

部屋着も同様です。

少しでも着心地のいい服を着て快適に過ごしたいですよね。

逆に張り切ったよそ行きの服を買っても、出かける機会がそんなにないからコスパ悪いな〜と思うこともあります。

 

だったら家でも外でもボーダーレスで使える洋服があれば最高じゃないですか。

オンラインで姿を見せる際にも多少なりとも様になりますし。

 

ボーダーレスの場合、リラックスという要素は大前提として欠かすことはできません。

その上でお外でも、なんならスタバくらい行けちゃう洒落感が加わるとボーダーレス部屋着の完成です。

そういう意味で、生地やシルエットに拘ったスウェットは部屋着、ひいてはお洒落着のファーストチョイスとして申し分ないのかなと思います。

まとめ

ここがポイント
  • ふんわり柔らかな生地感が触っていて気持ちいい
  • 動きやすいフィッティングと極上裏地で、抜群の着心地
  • やり過ぎないオーバーシルエットが大人っぽい
  • 製品のクオリティが高い為、部屋着とよそ行きの兼用が可能

YAAHと聞いて即座に上島竜兵を重い浮かべた僕は相当のファン。

YAAH

PICK OUT

金沢に行こう

今や一大観光地となった石川県金沢市。

一度行くとまた行きたくなる魅力が金沢にはあります。

旅行といえばグルメは欠かせません。

皆さんが金沢に行かれる際の参考になるように、オススメのお店を紹介します。

HOT ENTRY

注目記事