ゆさん歩

自分が体験して良かったモノ、コトを紹介しています。

フランスのカーゴパンツ「F2」をOrdinary fits(オーディナリーフィッツ)が再現

こんにちは、遊佐です。

ファッションは好きだけど、カーゴパンツは苦手だなーと思ってたりしませんか?

「ごつくて太くて、コーディネートしにくい・・・」

ですがそんなカーゴパンツのイメージと大きくかけ離れたモデルがあるんです。

それがフランスの軍パン「F2」

今回はOrdinary fits(オーディナリーフィッツ)が手がけるF2カーゴパンツをご紹介します。

特にファッションへの取り入れやすさについて言及していますので、皆様のカーゴパンツ探しのお役に立てれば幸いです。

 

この記事はこんな人にオススメ
  • ファッションに取り入れやすいカーゴパンツを探している
  • F2パンツについて知りたい
  • カーゴパンツのコーディネートが知りたい

 

フランスのカーゴパンツ「F2」をOrdinary fits(オーディナリーフィッツ)が再現

オーディナリーフィッツカーゴパンツ

オーディナリーフィッツ

Ordinary fits(オーディナリーフィッツ)は2008年に岡山で創業した日本ブランド。

一見普通な見た目ながら、縫製や生地にこだわったモノ作りをしています。

「10年後も着ていたい服」がコンセプトで、経年変化を楽しむことができるのも特徴の一つ。

レディースラインもあって、けっこうかわいいんですよね。

オーディナリーフィッツといえば、5Pアンクルデニムが定番人気で愛用者が多いです。

F2パンツ

オーディナリーフィッツカーゴパンツ

カーゴパンツが苦手な理由は、おそらくアメリカのM-51モデルをイメージされているからだと思います。

カーゴパンツ然としているのが良さでもあるのですが、逆にファッションに組み込むには難易度が高すぎて敬遠の要因にもなっているのです。

 

そのイメージを刷新してくれるのがフランスの軍パンで、M47→M64→F2という流れでその系譜を継いできました。

無骨ながらエレガントさもあるため、ファッションに取り入れやすいことでも知られています。

特にF2パンツは現代のファッションととても相性がいいので、カーゴパンツ登竜門としてオススメです。

 

今回ご紹介するカーゴパンツはこの「F2パンツ」をオーディナリーフィッツが独自に再現したものになります。

オーディナリーフィッツカーゴパンツ

素材はコットン100%で洗いがかかった風合いに。

現在3年目で少しやれ感が出てきており、ブランドコンセプト通りにいい雰囲気になってきました。

 

カーゴポケットは後ろ側だけマチがついており、前からみるとスッキリ見える仕様になっています。

よく擦れるヒザ部分は生地を二重にして補強するダブルニー仕上げ。 

バックポケットは両方ともありません。

オーディナリーフィッツカーゴパンツ

そしてF2パンツ最大の特徴は、レングスがアンクル丈になっていることと裾がリブ仕様になっていること。

F2パンツは元々空軍のパラシュート部隊用に作られているため、空挺から降下する際にコードが絡まないように足元をすっきりさせているんです。

また軍用ブーツが履きやすいという利点もあります。

 

先ほどもお話ししたように、この実用的なデザインが現代のファッションと実に相性がいいんですよね。

F2カーゴパンツ

F2カーゴパンツ

アンクル丈に加え裾口がリブになることで、ジョガーパンツのデザインに近くなります。

ジョガーパンツは今やファッションにおいてはデフォルトアイテムとして色々なブランドが発信していますよね。

そんなモダンなジョガーパンツのような感覚で気軽に履けるカーゴパンツがF2パンツなんです。

 

このシルエットはオーディナリーフィッツが独自にアレンジしたものではありますが、オリジナルであるデッドストックも基本的には近い形になっています。

 

コーディネート

F2パンツのコーデには先程の写真のようにニットやUチップが相性いいのですが、今回は別のアイテムを選びました。

いずれも以前にブログで紹介したものばかりです。

 

【黒スウェット】

www.yusanpo.com

 

【タッセルローファー】

www.yusanpo.com

 

【パイロットウォッチ】 

www.yusanpo.com

 

 

徹頭徹尾、黒とグリーンの二色構成。

正面写真がないので分かりにくいですが、スウェットを使ってラフでリラックス感のある着こなしにしており、足元のタッセルローファーで全体をドレスアップさせました。

カーゴパンツコーディネート

F2パンツのデザインが洗練されているとはいえ、無骨なカーゴパンツであることには変わりありません。

なので柔らかいイメージが出るローファーを足元にもってくることで、カーゴの無骨さを生かしつつ全体を品よく整えてくれるんです。

特にタッセルローファーを選ぶと、よりエレガントな感じに仕上がります。

マーク17

そして時計。 

本来はドレスウォッチを合わせるとめちゃ大人っぽくなるのですが、あえてパイロットウォッチをチョイスしています。

黒のトップスに空軍カーゴ、そしてパイロットウォッチ。

もうゴリゴリの空軍隊員みたいになりそうですが、ローファーを履いているのでそこは回避。

  

ローファーが苦手な方は以下の記事でオススメコーデを紹介しています。

www.yusanpo.com

他にもこんな種類があるよ

オーディナリーフィッツには「ORDINARY FITS SURPLUS」というミリタリーレーベルがあって他にもカーゴパンツの種類が展開されているんですが、特にフランス軍のM-47後期型をベースにして作られたモデルがカッコいいんです。

M47のデッドストック人気はめちゃくちゃ高くて、見つけるのが困難と言われています。

なのでこのレプリカは一見の価値ありです(このパンツ自体も売り切れそうですが・・・)。

 

もう一つ僕が密かにいいなと思っている軍パンを紹介します。

sp500factm30.hatenablog.com

 

factm30(id:sp500factm30)さんがチェコ軍のデッドストック「M-85」を入手した記事ですが、このパンツがめちゃカッコいいんですよ。

ワイドでテーパードが強くきいたシルエットも秀逸ですが、この独特の色味に心を掴まれるヒトも多いのではないでしょうか。

 

チェコ含め、東欧系の軍パンはお洒落ですね。

デッドストック狙うならこういうのがいいな〜。

ただ記事内でも書かれているようにタイミングを逃すと書いそびれます。

M85を狙っている服好きの人は多い・・・。

まとめ

ここがポイント
  • オーディナリーフィッツのカーゴパンツはデッドストックのデザインを忠実に再現した上でフィッティングを高めている
  • フランスの軍パン「F2カーゴパンツ」は日本人体型に合いやすく今のファッションと相性がいいので、カーゴパンツ初心者にオススメ
  • カーゴパンツの足元にローファーを合わせるととってもいい雰囲気になる

オーディナリーフィッツは価格が良心的なので、トータルコーディネートしやすいのも魅力の一つです。

PICK OUT

金沢

金沢に行こう

今や一大観光地となった石川県金沢市。

一度行くとまた行きたくなる魅力が金沢にはあります。

旅行といえばグルメは欠かせません。

皆さんが金沢に行かれる際の参考になるように、オススメのお店を紹介します。

HOT ENTRY

注目記事