ゆさん歩

自分が体験して良かったモノ、コトを紹介しています。

【抜け感効果】大人メンズのカジュアルスタイルにオススメしたい黒レザースリッポン4選

こんにちは、遊佐です。

大人カジュアルを嗜む男性にとって、スニーカーは必須のアイテムですよね。

革靴では堅すぎるコーデに、スポーツ要素を入れる意味でスニーカーを合わせると軽やかな雰囲気に様変わりします。

スニーカーの中でも特に使いやすいとされるのがスタンスミスに代表されるコート系スニーカー。

スタンスミス

コーデをそつなく綺麗目に整えてくれるので、大人メンズにとっては、とりあえずこれ履いておこうという頼れる存在、王道スニーカーというわけです。

 

ですがこのコート系でさえ、ちょっと堅いかなと思う時があるんですよね。

王道故に、ちょっと真面目過ぎるんです

仕事の時はそれくらいがちょうどいいのですが、完全オフの時はコート系を使いつつも、もう少しリラックスした雰囲気を出すスニーカーを欲するときもあります。

そんな時に重宝するのがレザースリッポンで、いわゆる「外し」となってくれるモデルです。

そこで今回のブログでは、スリッポンの役割を先に話した上でオススメのブランドを紹介していこうと思います。

紹介しているものは僕が実際に使用していたり、一度は購入を本気で検討したものになっているということで、「リアル4選」になっています。

 

この記事はこんな人にオススメ
  • オシャレなメンズスリッポンは?
  • スリッポン苦手なんだよな〜というかあまり履いたことない
  • カジュアルスタイルがカタい傾向にある

 

【抜け感効果】大人メンズのカジュアルスタイルにオススメしたい黒レザースリッポン4選

オシャレなメンズスリッポン

レザースリッポン

抜け感を出す

オススメのメンズスリッポン

今のメンズファッションにはスポーツ要素に加えてリラックスという要素が不可欠になっており、これらがコーデにうまくミックスされるといわゆる「抜け感」を表現することが出来ます。

スリッポンは正式にはスリップオンシューズ(slip on shoes)という名前で、紐や金具といったパーツが一切なく、靴の原型そのものといえるシューズ。なんともあっさりしており、やる気あんの?みたいな見た目故、それがリラックス、脱力感、そして抜け感へと繋がります。

ローファー同様、怠け者感が漂いつつもレザー素材なのできちっと感もあるというわけでございます。

オススメのメンズスリッポン

例えばこのコーデ。

スタンスミスなどのコートシューズを合わせてもいいのですが、まあ普通というか優等生なコーデが出来上がるでしょうね。

悪かないんだけど、面白くはない。

 

冒頭でコート系スニーカーを足元に持ってくるのは大人カジュアルの王道だと言いました。

真面目に王道を突き進むのもいいのですが、王道は時に退屈、つまりはリズムが一定でつまらないという様相を呈することがあります。

逆にスリッポンだとよろしくないコーデも当然ありますので、王道と外しを適宜使い分けるられるようになると、大人カジュアルをもっと楽しめるはずです。

苦手?

スリッポンに苦手意識を持たれている方やそもそも興味がないという方も少なくありません。

僕も今でこそ愛用するようにはなっていますが、昔は全く興味がなくスタンスミスばかり履いていました。

でも6、7年ほど前に、イタリアンカジュアルのコーデにレザースリッポンを合わせている御仁を見かけ、なんともこなれた雰囲気を纏っているなと感じたんですね。

オススメのメンズスリッポン

僕もすぐ購入して早速履いてましたw

この頃はメンズファッションにリラックスの流れはありませんでしたが、僕はもうこの時ぐらいからリラックスモードにシフトしかけていたと思います。

当時のメンズファッション事情はコチラで詳しく書いていますので、よろしければ読んでみてください。

 

何が言いたいかというと、履いてみると意外といけるということです。

先ほど「ローファー同様」と言いましたが、そもそもローファーもスリッポンのひとつ。なので少なくともローファーを履ける人はスリッポンスニーカーも履けるはず!・・・なのですが、意外とそうじゃないんですよね。

オススメブランド

C.QP

C.QPはスウェーデンで創業されたブランドです。

昨年ぐらいから日本でも紹介され始めており、個人的にもスウェーデンのシューズブランドはあまり聞いたことがなかったものですから、ちょっと気になってたんですよね。

スリッポンモデル「JETTY」を実際に見ましたが、とても端正なルックスをしていました。

スエード素材も見るからに上質で、高級感がありますし。

ヒールにレザーパッチが付けられているのが、さりげないアクセントになっています。

 

ただ価格が5万円弱と、ちと高い・・・。

スリッポンは基本的にどのブランドもデザインが大きく変わることはありません。素材や履き心地を考慮しても、ある一定以上のレベルになってくると差が出なくなってくると思うので、費用対効果を考えて僕は購入を見送りました。

ですがモノは間違いなくイイです。

PELLICO SUNNY

PELLICO SUNNY(ペリーコサニー)はイタリアのシューズブランド「PELLICO」のNEWライン。

先ほどのC.QPと共にヨーロッパ発のブランドとして今回ご紹介しているわけですが、ペリーコサニーの方がよりファッションコンシャスなデザインをしています。

パッと見は正直一緒に見えるのですが、ソールに少し厚みがあってちょっとだけボリューミーなルックスが特徴です。

 

ペリーコにはC.QPのようにヒールレザーパッチといった装飾が一切なく、超ミニマルなデザインになっているのが個人的にオススメポイントです。

僕が実際に履いているのがこのペリーコサニーなのですが、ミニマルなデザインに加えて、柔らかな履き心地にも満足していますよ。

www.yusanpo.com

amb

ambは過去にコートシューズ選でも紹介したことがあるのですが、今回スリッポンシューズ選としても改めて紹介したいと思います。

ambもペリーコと同じくイタリア発のブランドで、以前はコモンプロジェクトと同じ工場を使用していたことでも知られ、そのクオリティに定評があります。

amb スリッポン

僕も以前よく履いており、これしか持ってないんじゃないかというほど履き倒していました。気に入りすぎてネイビーも買ってましたね。

amb スリッポン

価格が2万円代とコスパの高さも魅力的で、今回ご紹介しているものの中で総合的なバランスが最もいいと思っています。

問題は実店舗が少なく、試着がなかなかできないこと。なのでオンライン購入が基本ルートになりそうです。

僕は実寸26センチでサイズ41を履いていましたので、参考にしみてください。

ペリーコサニーとも同じサイズです。

hALON

hALON(アーロン)は今回ご紹介するものの中で唯一国産ブランドで、ユナイテッドアローズのオリジナルになります。

昨年スタートしたばかりですが、既に複数のモデルがラインナップされており、スリッポンもその中の一つ。

とてもクリーンな印象のあるシューズで、アローズらしく都会的に仕上がっています。

 

今回ご紹介してきた他ブランドとの違いは、細身かつアッパーが縦に長いところです。

つまり他ブランドのものが丸みがある形なのに対して、アーロンは細長く見えるわけなのですが、これをよしとするか否かで意見が分かれるところだと思います。僕は後者だったのでこの時点で購入を見送る方向になっていました。

またサイドにグリーンのタブが付いており、ブランドを示すサインになっているのですが、このデザインも好き嫌いが分かれるところ。

 

サイズ感は見た目通りタイト目。

足幅の広い僕が実際に足入れしたところ、やはり細く感じたのでサイズアップをする始末でしたが、足幅の細い人にはハマるサイズ感だと思います。

ただヒールが大きめでホールド感が甘く、正直木型のアップデートが必要だなと感じました。まだ発足間もないので仕方ないかもしれませんが。

僕の足には全く合いませんでしたが、足幅狭い、ロングノーズ好きの方は一度試されてみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

ここがポイント
  • レザースリッポンは抜け感のある大人カジュアルを作れる
  • コート系と上手く使い分けよう
  • とりあえず履いてみて

本当は4選と言わずもう少し紹介したかったのですが、黒レザースリッポンは意外と良いのがないんですよね〜

PICK OUT

パンツの種類

パンツを制する

持っておくべきパンツを

形は色、デザインなど、カテゴリー別に

ラインナップしています。

コーディネートで一番重要な役割である

パンツの種類を押さえておきましょう。

HOT ENTRY

注目記事