ゆさん歩

自分が体験して良かったモノ、コトを紹介しています。

【お洒落ワイドパンツ】DIGAWEL(ディガウェル)の2Tuck Tapered Pantsをレビュー!サイズ感やコーデも紹介します。

こんにちは、遊佐です。

一昔前に比べてワイドパンツが随分と市民権を得て、街中でも着用者を見かけることが多くなりました。

当然色々なブランドが我こそはと発信しているわけですが、人気と言われるモデルはやはりそう多くありません。

そこで今回のブログでは、数多あるブランドの中からDIGAWEL(ディガウェル)の「2Tuck Tapered Pants」をご紹介したいと思います。

サイズ感やコーデについても言及していますので、参考にしてもらえると幸いです。

 

この記事はこんな人にオススメ
  • digawelってどんなブランド?
  • ワイドパンツを探してる

 

【お洒落ワイドパンツ】DIGAWEL(ディガウェル)の2Tuck Tapered Pantsをレビュー!サイズ感やコーデも紹介します。

DIGAWEL

DIGAWEL

DIGAWEL(ディガウェル)は2006年に西村浩平氏がスタートした日本ブランドで、シンプルでリラックス感のある洋服がラインナップされています。

DIGAWEL

以前Pコートを買ったことがあるのですが、やはりシンプルでベーシックなデザインでして、使い勝手が良かったです。

面白いのは一つ一つのアイテムはリアルクローズでベーシックデザインの洋服たちがDIGAWELとして全身組み合わさったルックになると、まるでアートのような作品に仕上がるということです。

僕はブランドのルックブックを見るのが好きなのですが、その中でもDIGAWELのルックブックは非常に見応えがあります。

実際にルックのようなコーデがしたいわけではないのですが、色使いやサイズ感、丈感、モデルの選定などあらゆる点において細やかな気配りが感じられて、見ていて楽しいんですよね。

特に色使いには目を見張ります。

最近はシンプルかつ色数を最小限にしたミニマルな雰囲気を打ち出す国産ブランドが多いですが、digawelは色を巧みに扱いそれらをまとまりのある一つの色にしてるような不思議な印象さえあります。

 

洋服のデザイナーを評する言葉としてはあまり使われない言葉かもしれませんが、「芸術家」のような才気を感じますね。評判がいいのも頷けます。

2Tuck Tapered Pants

今回ご紹介するパンツは「2Tuck Tapered Pants」というモデルで、その名の通り2タックとテーパードが洒落たシルエットを作ります。

シーズンごとに生地を載せ替えてリリースされるブランドの定番になっており、僕が購入したのはカツラギのものです。素材特有の肉厚で柔らかい穿き心地が気に入っています。

 

それではポイントを見ていきましょう。

DIGAWEL

まずは主要部の腰回り。

2アウトタックかつ股上がかなり深めで、ゆったりとしたシルエットになっています。

DIGAWEL

そして膝下テーパード。

テーパード具合は緩やかなので腰回りと裾幅に大きなギャップはありません。

テーパードが強い方が使い勝手が良かったりしますが、ワイド感が薄れるので1本はdigawelのような、いかにもワイドシルエットのものをクローゼットに入れておきたい。

DIGAWEL

横から見るとワイドシルエットが際立ちますね。しかもカツラギ生地を使っているのでシルエットが崩れにくい。

2タックパンツを取り扱うブランドは今時珍しいものではなく、だからこそ各々こだわりを入れて世に送り出すわけなのですが、その点で考えるとDIGAWELのものはユニークなシルエットが出て穿いていて楽しいです。

また国産ブランド特有の「クリーン」なイメージもあります。

似た雰囲気のもので、同じく国産ブランド「STILL BY HAND」のパンツもワイドパンツとしておすすめなので、よろしければ見てみてください。

www.yusanpo.com

コーデ

DIGAWEL

TOPS:uniqlo

SHOES:PELLICO SUNNY

 

ゆったりフィットのニットと、レザースリッポンを合わせてリラックス感のあるコーデを組みました。

パンツを買った時点でまずイメージしたコーデですね。

モノトーンの色構成にして、リラックス感に適度なドレス感も入れています。

DIGAWEL

全体的にゆとりのあるサイジング、かつシューズにいたるまでソリッドな見た目のアイテムを使っているので、ややもすれば締まりのないコーデになりかねないのですが、要所で肌見せをすることでアクセントを付けました。軽快さも演出出来るので一石二鳥ですね。

DIGAWEL

秋はこんな感じで街中をうろちょろしていますが、冬はミドル丈のアウターを合わせて軽快なコーデを組んでみたいと思います。

季節到来の折には追記しているはずなので、また覗きにきてやって下さい。

サイズ感

身長172センチ痩せ型でサイズ1を着用しています。

ウェストにやや余裕がありますが、ジャストサイズのフィッティングです。

このパンツに限らずですが、パンツはウェストではなくヒップ、場合によってはワタリなどに合わせてシルエット全体を見ながらサイズ選びをしましょう。

 

まとめ

ここがポイント
  • DIGAWELはベーシックかと思いきや、実はかなりユニークなブランド
  • 2タックテーパードパンツはブランド定番のモデルで、洒落たワイドシルエットを作る
  • リラックス+綺麗目のコーデを作りやすく、抜け感のある大人カジュアルに持ってこい

取り扱いSHOPが中々見つからないのが残念ですが、もし見る機会があれば一度手に取ってみてください。

PICK OUT

パンツの種類

パンツを制する

持っておくべきパンツを

形は色、デザインなど、カテゴリー別に

ラインナップしています。

コーディネートで一番重要な役割である

パンツの種類を押さえておきましょう。

HOT ENTRY

注目記事