ゆさん歩

自分が体験して良かったモノ、コトを紹介しています。

【感想】富山県高岡市が舞台になった日本映画「8月のクリスマス」

こんにちは、遊佐です。

今回は8月のクリスマスという映画を紹介しようと思います(ネタバレあり)。

僕が大学生の頃に公開された映画で、これまで何度も見返してきた作品です。

 

この記事はこんな人にオススメ
  • 山崎まさよしさんが好き
  • 恋愛映画が好き
  • 静かな映画が好き

 

【感想】富山県高岡市が舞台になった日本映画「8月のクリスマス」

f:id:yukinohini-yusa:20200408223444j:plain

8月のクリスマス

8月のクリスマスは2005年に公開された日本映画で、写真屋を営む青年と近くの小学校に務める臨時教師との淡く悲しい恋模様が描かれております。

ロケ地は主に富山県高岡市金屋町や金沢。

特に高岡の情緒豊かな街並みが映画の中でご覧頂けます。

f:id:yukinohini-yusa:20200408234506j:plain

f:id:yukinohini-yusa:20200408234409j:plain

f:id:yukinohini-yusa:20200408234445j:plain

街中をバイクで通るシーンがあり、当時住んでいた僕は思わず「お〜」と言ってしまいました。

 

8月のクリスマスという不思議なタイトルですが、この意味はエンディングのシーンで明らかになります。

実は韓国映画「八月のクリスマス」のリメイク作品。

映画のあらすじ(ネタバレあり)

この映画は「悲恋」テーマを扱っています。

病院で自分の余命を告げられた男は、初めは自分の運命を受け入れて残りの人生を静かに過ごしていこうと決めていました。

ですがある日一人の女性教師に出会ったことで、心底生きたいと思うようになります。

病気による命の刻限が迫る中、男が彼女に伝えた最後の言葉とは・・・?

主役は山崎まさよしさん

主演はシンガーソングライターの山崎まさよしさん、

山崎さんはシンガーソングライターのイメージしか持っていなかったので、演者も出来るんだということに当時ビックリしたのを覚えています。

今でこそ歌手が映画に出演するということが日常化していますが、当時としてはけっこう珍しいことでした。

それも主役ですからね。

 

ただそんなことはどうでもいいほどに、山崎まさよしさんの演技が上手いというか、自然でした。

メインキャストに注目

関めぐみ

山崎まさよしさんの相手役を務めるのは関めぐみさん。

少し勝気な性格ながら弱さも内包する新米教師役を、ピュアに演じておられたような気がします。

 

実は僕はこの映画を見て初めて関さんの存在を知りました。

印象に残る顔立ちをしたスレンダー美人で、「凛とした」という表現が似合いそうな人です。

調べてみると関さんは映画が公開された2005年の1年前に活動を開始したばかりで、演技に関してほぼ経験はなかったみたいです。

にもかかわらずの好演ぶりは改めてすごいなと思いました。

大倉孝二さん

山崎まさよしさん、関めぐみさんも素敵なのですが、重要な方がもう一人います。

その方は山崎さんの親友役を演じた大倉孝二さん。

登場シーンは上の2人ほどではないですが、後述するように物語のキーポイントともいえるシーンを作っています。

大倉さんは山崎まさよしさんのリア友なのではないか?と思うぐらい、ナチュラルで感情のこもった演技をされておりました。

僕はこの映画を観て大倉さんのファンになりましたね。

感想

気持ちの変化

映画の見所は、男(山崎まさよしさん)の心情の移り変わりです。

静かに死を迎えようと思っていたのに、「好きな人」という生きる希望を見つけたことで、一転「死にたくない」と思うようになるのです。

 

基本的に男は穏やかな人物として描かれていますが、気持ちに変化が起こってからは

感情をあらわにするシーンが出てきます。

特に好きな人と生きられないことに対する悔しさは、もう見ているこっちが辛くなるほどです。

セリフが少なめ

この映画はとても「静か」に作られています。

バックミュージックが少なくセリフも少なめ。

僕は色んな映画を見ていてよく思うことは、リアルの世界では実際そんなにセリフ多くないだろということです。

要するに「説明しすぎ」というやつです。

ですが8月のクリスマスは必要以上にセリフを作らず、表情のみで演技をするシーンがよく出てきます。

それがすごく自然だったので感情移入できました。

 

通院のために病院入り口前を歩くシーンが数回挟まれるのですが、どれも同じように歩いているけど心情が全く違っているという描写もその一つです。

音楽

悲恋とともに死を扱う映画ですが、全然重苦しい暗い雰囲気になっていません。

もちろんシリアスなのですが、必要以上に煽られずに自然に静かに見ることができます。

これに寄与しているのが音楽。

この映画の音楽は主題歌も含めて主演の山崎まさよしさんが担当されているのですが、使用する楽曲を少数に絞って、メインテーマ曲を曲調を変えながら使い回す手法をとってます。

メインテーマが明るく呑気な曲なのですが、その曲を「死」がちらつく重たいシーンに使ったりしているので、すごく不思議な感覚になるんですよね。

つまりは悲しいシーンなのだけれども、映画サイドから「さあここだよ!泣けー」と煽られるような感じに一切ならないので自然に感情移入できるんです。

 

そして映画の主題歌も山崎さんが作りました。 

山崎まさよしさんが劇中で実際にギターを触っているシーンもありますよ。

 

大倉孝二さんがイイ

先ほども書きましたが、大倉さんの演技がとてもいいんですよね。

特に警察署のシーンが印象的です。

ある日友人(大倉さん)と飲みに行くんですが、その時に冗談で「俺もうすぐ死ぬんだ」と言ってしまうんですね。

友人はふざけた冗談だと思って流します。

そしてその友人が酔っ払って他の客と騒動を起こしてしまい警察署に一緒に連れていかれるんです。

初めこそ友人を待って椅子でうつらうつらしていたのですが、不意に耳にした言葉に反応して、これまで必死に抑えていた悔しさが爆発してしまいます。

友人が暴れる男を必死におさえつけているのですが、「なんで俺なんだよ!」と言いながら顔を真っ赤にしながら泣き叫ぶのを見て、先ほど言われた「ふざけた言葉」が冗談ではないということをこの時悟ります。

 

この時の大倉さんの表情がなんともいえないので、一度注目して見てみてください。

まとめ 

ここがポイント
  • 映画の描写が自然なので感情移入しやすい
  • 山崎まさよしさんの演技もさることながら、手がけた映画音楽がやはり素晴らしい
  • 大倉孝二さんの演技が秀逸。

ぜひ気になったかたは映画見てみてください。

ちなみに高岡市の名産品を以前書いた記事でご紹介しております。

www.yusanpo.com

これ本当に美味しいので、よかったら一度食べてみて下さいね。

PICK OUT

金沢

金沢に行こう

今や一大観光地となった石川県金沢市。

一度行くとまた行きたくなる魅力が金沢にはあります。

旅行といえばグルメは欠かせません。

皆さんが金沢に行かれる際の参考になるように、オススメのお店を紹介します。

HOT ENTRY

注目記事