ゆさん歩

自分が体験して良かったモノ、コトを紹介しています。

山代温泉のカフェ「べんがらや」の美味しいメニュー「加賀某茶プリン」

こんにちは。遊佐です。

いつもは金沢の情報をお届けしておりますが、今回は金沢から少し離れた山代温泉について書いております。

ちなみに山代温泉は温泉ではなくて、地名です。

 

今年に入ってすぐに休暇で行ってきたのですが、お宿や散策、食事すべてに満足した旅行となりました。

f:id:yukinohini-yusa:20200410004250j:plain

山代温泉へ電車で行くには最寄り駅の加賀温泉駅に向かわねばなりません。

金沢から普通電車で約50分程。特急サンダーバードに乗れば、30分程で到着します。

ちなみに僕は山代温泉に今まで行ったことがなく、今回の旅行が初です。

加賀温泉駅も電車の中から眺めるくらいだったので降りたことがなかったんですよね。

 

駅に降りると、素敵な自販機を発見しました。

f:id:yukinohini-yusa:20200410004944j:plainレディーガガ・・・じゃなくて、ガやないか!

 

さて、山代温泉に向かう為にここからバスに乗ります。

今日は「瑠璃光」というホテルに宿泊するので、約15分程で到着するホテル最寄りのバス停で降りました。

「瑠璃光」に関しては、次回の記事で書こうと思います。

めちゃくちゃいいホテルなので乞うご期待です。

 

今回は山代温泉を散策中に見つけたお店について書きます。

f:id:yukinohini-yusa:20200409234052j:plain

「べんがらや」というお店で、カフェの他にランチ、そして九谷焼等のギャラリースペースとしても活用されています。

f:id:yukinohini-yusa:20200409234243j:plain

奥がギャラリースペースで、手前がイートインスペース。

「べんがらや」という名前の由来でもある弁柄格子と合わせた赤い椅子が、なんともいい雰囲気を出していますよね。

弁柄は江戸時代に、インドのベンガル地方より伝わったとされる赤い顔料のことで、「紅殻」とも書かれます。

日本では茶褐色ぽい印象の色で認識されることもあり、京都や金沢などにある伝統建築物の資材に使われることが多いです。

 

今回はカフェを利用することにしました。

f:id:yukinohini-yusa:20200409234325j:plain

べんがらやの名物「加賀棒茶プリン」です。

甘すぎず、ほんのり香るお茶の匂いがなんとも上品なプリン。

味だけでなく、器とプリンとクリームの3色から構成されるビジュアルも素敵ですね。

プリンと一緒にコーヒーもオーダーしました。

f:id:yukinohini-yusa:20200409234342j:plain

f:id:yukinohini-yusa:20200409234355j:plain

これまた器が素敵な「加賀サイフォンコーヒー」。

この日めちゃくちゃ寒かったので、この一杯のコーヒーが身に沁みました。

今度はランチ時に行ってみたいと思います!

記念に店前でワンショット。

f:id:yukinohini-yusa:20200410010543j:plain

ダッフルコートとニットマフラーで防寒しても尚、身体の芯から冷える寒さ。

でもこういう時の温泉ほど楽しみですよね。

さていかがでしたでしょうか。

次回は少し移動して山中温泉の散策編をお送りいたします。

 

べんがらや

TEL:0761-76-4393

営業時間:10:00~17:30(ランチタイム11:00~15:00)

定休日:水曜

PICK OUT

金沢

金沢に行こう

今や一大観光地となった石川県金沢市。

一度行くとまた行きたくなる魅力が金沢にはあります。

旅行といえばグルメは欠かせません。

皆さんが金沢に行かれる際の参考になるように、オススメのお店を紹介します。

HOT ENTRY

注目記事