ゆさん歩 trip & hobby

金沢と富山を元地元民の目線でご紹介。また趣味であるカメラ、ファッション、脳科学についても少し書いていきます。

I LOVE TATEYAMA  立山レポート vol.3(完)

こんにちは。遊佐です。

立山登山レポートもいよいよ最終章となりました。

それでは早速いきましょう!

f:id:yukinohini-yusa:20200119230118p:plain

山頂ラーメン

f:id:yukinohini-yusa:20200410110848j:plain

無事に登頂を果たし、後は下山するだけですが、ここで昼食をとります。

といっても、登山途中の山荘で食べようと思っていたので、何も持ってきていません。

まわりでは、たくさんの人がカップラーメンを食べています。

「もしかして皆きちんと、カップラーメンと湯沸かしセットを持ってきてんのかな?」と思っていたら、山頂の売店でお湯サービス付きの日清カップヌードルが売られていました。

「売店あるんだ、しかもお湯入れてくれるんだ・・・」

というのは、昔からカップラーメンを作る、あるシーンが僕の頭の中にあるんですよね。そのシーンとは、シングルバーナーを使い、固形燃料を溶かして自分で湯を沸かしているところです。だから山頂には売店などないと思っていました。

登山前に一度は、昼食にカップラーメンを食べようと考えましたよ。自分で湯を沸かす作業に憧れていましたが、正直面倒くさいとも思ってしまったんです。ですが今、状況は大きく一変しました。

 

 「オレ、カップラーメン食べられる」

 

ノーマル、カレー、シーフードの三種類があったので、迷いました。

 

ここはノーマルがプロっぽいかも。
しょっぱいものが食べたい。
大好きなカレー味もいい。
 

 

 

 

僕はカレー味を選びました。

最初にノーマルを頼もうとして、発声する直前にカレーに変更したので、どもりました。

「か、カレーお願いシます。」

f:id:yukinohini-yusa:20190823161145j:plain

長い間、憧れの対象だった「山頂ラーメン」を、成し遂げたことに内心狂喜。

ブログでは載せられませんが、この時の僕の嬉しそうな顔はヤバいです。

ちなみに、カップ麺もドリンクも、地上とは大きくかけ離れた価格で売られています。高いね!という声も聞こえてきました。しかし実際に登ってきた者として、この価格設定は納得です。食べ物を背負って山頂まで運んでくることが、どれだけ大変か。

 

それ故に思いました。

 

登山の時に、カップ麺20個ぐらい運ぶから、僕の分ただにしておくれ~とかいかがですか? そんなバイト募集があれば、是非名乗り出たいものです。

山荘カレー

念願のカップ麺イベントを終えて、山頂の景色も十分に堪能しました。名残惜しいけれども、下山を開始します。時刻は12時過ぎ。

f:id:yukinohini-yusa:20190823161237j:plain

下山中は、写真撮影をほとんどしなかったので、早いペースで室堂山荘まで到着しました。場所的には、

yukinohini-yusa.hatenablog.com

で載せた、この写真のあたりです。

f:id:yukinohini-yusa:20190823162530j:plain

今から登るぞ~と言っていた時ですね。

13時半過ぎに到着したので、行きの半分の時間で帰ってこれました。

下山は、登りに比べて楽だったとはいえ、山荘に着いた時は足がガクガクに。

岩山の急斜面を下る際では、滑らないように特に踏ん張っていたので、知らぬ間に足に負担がかかっていたようです。

この室堂山荘でようやく、ゆっくりとした休息をとることができます。

f:id:yukinohini-yusa:20190827153330j:plain

とても安寧な雰囲気がある山荘で、溜まった疲れを癒すのに、十分な場所でした。

 

ここで

ついにこの瞬間が訪れます。

f:id:yukinohini-yusa:20190823161232j:plain

念願のビールタイム

 

一の越山荘で我慢した甲斐あって、最高に美味かったです。

お酒の味わいは、心情、環境に応じて適宜変わりますが、この時のビールは「うま~!」と吼える程でした。

頼んだものはビールだけではありません。

昼食がカップラーメン一つだけでは、下山してきた僕のお腹を満たせられなかったので、こちらをオーダーしました。

f:id:yukinohini-yusa:20190823161225j:plain

でた。

実はワタクシ、無類のカレー好きでして、普段からよく食べています。

こういうシンプルなカレーは、山の中で食べるという、非現実補正も相まって、めちゃくちゃ美味いんです。

f:id:yukinohini-yusa:20190823161153j:plain

嬉しそうな顔その②です(笑)

ミクリガ池

f:id:yukinohini-yusa:20190827153324j:plain

腹ごしらえを終え、少し体力を回復させました。

後は、スタート地点の室堂へ向かうだけですが、その前に寄り道をします。

f:id:yukinohini-yusa:20190823161220j:plain

f:id:yukinohini-yusa:20190827163712j:plain

立山のシンボルの1つ、ミクリガ池。

この時期は雪がとけ、立山の偉大な雄姿を、紺碧の湖面に映し出します。

ロケ地として、「おおかみこどもの雨と雪」に使用されてことでも有名です。

迷いの中で成長していく少年の雨(あめ)が、立山を駆けている時にこのミクリガ池が登場します。それまで見たこともなかった、あまりに美しい景色に雨は圧倒されるわけですが・・・。

ネタバレなのでここまでにします。

いい映画でした。

f:id:yukinohini-yusa:20190827151139j:plain

途中こんな場所もありました。

通称「地獄谷」。

いくつもの噴気孔があり、ミクリガ池と同様に立山のシンボルです。とはいえ、有毒ガスが蔓延し出したこの一帯は、現在通行禁止になっています。

地獄と称される荒涼とした雰囲気を、ここから眺めるに止めておきましょう。

室堂帰還

f:id:yukinohini-yusa:20190827165859j:plain

長い登山の末に、ようやく帰還しました。スタート地点の室堂です。時刻は15時過ぎ。

約6時間にわたる、登山となりました。

スタートした時が懐かしい、そんな風に思える程に充実した登山でした。

f:id:yukinohini-yusa:20190823162613j:plain

バス出発まで時間があったので、ターミナル内のカフェで休憩します。

この時、めちゃくちゃ疲れていたんですよね。

無意識に張っていた気が、一気に緩んでしまったようでした。

このカフェ「りんどう」で頂いたのがこちらです。

f:id:yukinohini-yusa:20190823162607j:plain

「黒部ダムシフォンケーキ」

ダムから放水される様を表現しています。

見た目がけっこうなボリュームで、食べられるか心配でしたが、意外に軽くてぺろりといけました。

そしてとても美味しかったです。

水出しコーヒーとセットで頼むと尚良いと思います。

おかげで、さっきまでの疲れ切っていた僕の顔は、幾分かしゃきっとしました。

オジサンの体力が見事に回復する頃、お迎えのバスの時間となります。

これで本当に立山とのお別れです。

 

登山前の、期待と不安が入り混じった思い。

登山中に出会った数々の壮大な景色。

 

込み上げてくる思いが多々ありましたが、また絶対くるから!という気落ちでバスに乗り込みます。

立山駅に到着

f:id:yukinohini-yusa:20190823162602j:plain

ただいま帰ってきました。

17時20分到着。

タイムログを総括すると、

 

  • 富山駅出発:5時頃
  • 立山駅着:6時頃
  • 立山駅発:7時半頃
  • 室堂着:8時20頃
  • 一の越山荘着:10時頃
  • 雄山山頂着:11時頃
  • 室堂着:15時頃
  • 立山駅着:17時20分頃

出発から丸々12時間はかかっていますね。

次回の抱負は、

  1. 山荘に泊まる
  2. 夜空を見たい。
  3. 早朝の空気を吸いたい。
  4. もっと立山で過ごしたい。
  5. 写真スポットを見つけたい

写真に関しては、こんな風に撮りたかったなという箇所が沢山あったので、リベンジしたいです。

 こうして、僕の初めての立山登山は幕を閉じました。

帯同してくれた友人には心から感謝しています。

あなたが行こうと言ってくれなければ、僕はこの貴重を経験をしていなかったのです。

 

3回にわたって書いてきました、立山レポートはこれにて終了いたします。最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

以降は物見遊山者ぶりを発揮して、大好きな金沢&富山レポートを続けていきたいと思います。

今後ともよろしくお願い申しげます。

 

f:id:yukinohini-yusa:20190827153513j:plain

また会おう、TATEYAMA!