ゆさん歩

神戸のカフェやランチ、ディナーに使えるオススメのお店を紹介しています!

New Posts!

さらばまた会う日まで! 立山登山レポート vol.3(完)

こんにちは。遊佐です。

急に思い立って始めた立山登山レポートも、いよいよ最終章となりました。

vol.1, vol.2は以下のリンクからどうぞ。

www.yusanpo.com

www.yusanpo.com

文章を書くというのは難しいな~と思いながらも、こんな記事でも読んで下さっている方がいるというのが励みになっています。

それでは早速まいります!

f:id:yukinohini-yusa:20200119230118p:plain

山頂でカップラーメン

f:id:yukinohini-yusa:20200410110848j:plain

無事に登頂を果たして後は下山するだけですが、ここで昼食をとります。

といっても、途中の山荘で食べようと思っていたので、何も持ってきてなかったんですよね。

ふとまわりを見渡すと、カップラーメンを食べている人が沢山いました。

「おやおや、もしかして皆、カップラーメンと湯沸かしセットを持ってきているのかい?」

と思っていたら、

 

山頂の売店で日清カップヌードルが普通に売られていました。

しかもお湯サービス付き。

 

これ常識なんですか?

恥ずかしながら、山頂に売店があるなんて思いもしませんでした。

ブログを読んでてもそんな情報なかったし。

山頂でカップラーメンを食べることに憧れはあったのですが、シングルバーナーや固形燃料などを用意して持って行くのが面倒だったので、スルーしていました。

とにかく、ひとつの事実が確定しました。

 

 

 「オレ、カップラーメンを食べられる」

 

いや~めちゃくちゃ嬉しかったですね~(笑)

 

カップラーメンの種類にはノーマル、カレー、シーフードの三種類がありました。

ここはノーマルがプロっぽいかも。
いや、久しぶりにシーフードが食べたい。
大好きなカレー味も捨て難い。

立山の山頂でも、いつもと同じ悩み方をしています。

結局、カレー味をチョイス。

でも最初にノーマルを頼もうとして、発声する直前にカレーに変更したので、どもりました。

「か、カレーお願いシます。」

恥ずかし過ぎる。

f:id:yukinohini-yusa:20190823161145j:plain

絶景を見ながら、憧れの「山頂ラーメン」を堪能しました。

ちなみに売店で売られているカップ麺やドリンクは、地上で購入する場合に比べてかなり高いのでお見知りおき下さいませ。

さて名残惜しいですが、下山します。

PM0時頃でした。

 

山荘でカレーライス

f:id:yukinohini-yusa:20190823161237j:plain

AM1時半

下山中は写真撮影をほとんどしなかったので、早いペースで室堂山荘に到着しました。

室堂山荘は、vol.2で載せたこの写真の辺りにあります。

f:id:yukinohini-yusa:20190823162530j:plain

今から登るぞ~と言っていた時ですね。

行きの半分の時間で帰ってこれました。

下山は登りに比べて楽だったとはいえ、山荘に着いた時は足がガクガクに。

岩山の急斜面を下る際は滑らないように踏ん張っていたので、知らぬ間に足に負担がかかっていたようです。

室堂山荘で休息をとることにします。

f:id:yukinohini-yusa:20190827153330j:plain

室堂山荘はとても安寧な雰囲気が漂う山荘でした。

そしてついにこの瞬間が訪れます。

f:id:yukinohini-yusa:20190823161232j:plain

念願のビールタイム

 

一の越山荘で我慢した甲斐あって、最高に美味かったです。

お酒の味わいは、心情、環境に応じて適宜変わりますが、この時のビールは、

「うま~!」

と吼える程でした。

頼んだものはビールだけではありません。

昼食がカップラーメンひとつだけでは物足りていなかったので、こちらをオーダーしました。

f:id:yukinohini-yusa:20190823161225j:plain

カップラーメンカレー味に続いて、カレーライスです。

僕は無類のカレー好きでして、普段からよく食べるんですよ。

山の中で食べるという非現実補正も相まって、めちゃくちゃ美味かったです。

f:id:yukinohini-yusa:20190823161153j:plain

載せられないけど、嬉しそうな顔してるな~。

ミクリガ池

f:id:yukinohini-yusa:20190827153324j:plain

腹ごしらえを終え、少し体力を回復させました。

後は、スタート地点の室堂へ向かうだけですが、その前に寄り道をします。

f:id:yukinohini-yusa:20190823161220j:plain

f:id:yukinohini-yusa:20190827163712j:plain

この綺麗な池は、立山のシンボルであるミクリガ池です。

この時期は雪がとけ、立山の偉大な雄姿を、紺碧の湖面に映し出します。

「おおかみこどもの雨と雪」のロケ地に使用されたことでも有名です。

 

f:id:yukinohini-yusa:20190827151139j:plain

途中こんな場所もありました。

通称「地獄谷」。

いくつもの噴気孔があり、ミクリガ池と同様に立山のシンボルです。

とはいえ、有毒ガスが蔓延し出したこの一帯は、現在通行禁止になっています。

地獄と称される荒涼とした雰囲気を、ここから眺めるに止めておきましょう。

室堂帰還

f:id:yukinohini-yusa:20190827165859j:plain

PM3時

登山開始後約6時間を経て、スタート地点の室堂にようやく帰還しました。

スタートした時が懐かしい、そんな風に思える程に充実した登山でした。

f:id:yukinohini-yusa:20190823162613j:plain

バス出発まで時間があったので、ターミナル内のカフェ「りんどう」で休憩します。

この時、めちゃくちゃ疲れていたんですよね。

無意識に張っていた気が、一気に緩んでしまったようでした。

f:id:yukinohini-yusa:20190823162607j:plain

りんどうでは「黒部ダムシフォンケーキ」を頂きました。

迫力ある見た目ですよね。

黒部ダムから放水される様を表現しています。

見た目がボリューミーで食べられるか心配でしたが、意外に軽くてぺろりといけました。

なによりとても美味しかったです。

立山の湧水から抽出された、特製水出しコーヒーとセットで頼むと尚良いと思います。

カフェに入る前の僕は本当に死にかけのような顔をしていましたが、ずいぶん元気になりました。

オジサンの体力が見事に回復する頃、帰りのバスが発車する時間が迫っていました。

これで本当に立山とのお別れです。

 

登山前の、期待と不安が入り混じった思い。

登山中に出会った数々の壮大な景色。

美味しかったカップラーメン

 

込み上げてくる思いが多々ありましたが、また絶対くるからな!という気落ちでバスに乗り込みます。

立山駅に到着

f:id:yukinohini-yusa:20190823162602j:plain

PM5時20分

ただいま帰ってきました。

タイムログを総括します。

  • 富山駅出発:5時頃
  • 立山駅着:6時頃
  • 立山駅発:7時半頃
  • 室堂着:8時20頃
  • 一の越山荘着:10時頃
  • 雄山山頂着:11時頃
  • 室堂着:15時頃
  • 立山駅着:17時20分頃

出発から丸々12時間はかかっていますね。

次回の抱負は、以下のように設定しました。

  1. 山荘に泊まる
  2. 夜空を見たい。
  3. 早朝の空気を吸いたい。
  4. もっと立山で過ごしたい。
  5. 写真スポットを見つけたい

 

僕の初めての立山登山は幕を閉じました。

帯同してくれた友人には心から感謝しています。

あなたが行こうと言ってくれなければ、僕はこの貴重を経験をしていなかったのだから。

 

これまで3回にわたって書いてきました立山登山レポートはこれにて終了いたします。最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

以降は物見遊山者ぶりを発揮して、大好きな金沢&富山レポートを続けていきたいと思います。

今後ともよろしくお願い申しげます。

 

f:id:yukinohini-yusa:20190827153513j:plain

また会おう、TATEYAMA!