ゆさん歩

神戸のカフェやランチ、ディナーに使えるオススメのお店を紹介しています!

New Posts!

長年の夢を叶えました!登山ビギナーが綴る立山登山レポート vol.1

f:id:yukinohini-yusa:20200117235345p:plain

皆様はじめまして。

わたくし、管理人の遊佐(YUSA)と申します。

30代前半の独身オジサンです。

特にインドアでもなければ、アウトドアでもなく、気の向くままに趣味を楽しんでいます。

そんな趣味の1つが登山です。

20代前半のころから登山が好きで、色々な山を登ってきました。

とはいえ、これまで登ってきた山はマックス1,500M級程度なので、特に大掛かりなことはしておりません。

その割には準備不足、体調不良(寝不足)がたたり、開始20分でリタイアしたこともありました。

そんなヘタレが長年憧れてきた山があります。

 

富山県の立山

 

標高3000M級の山々が連なる北アルプス。

立山登山者のブログに載っている山の美しい写真を見る度に、いつか行ってみたいと思っていたのです。

そしてついにその時が訪れます。

わたくし昨年の夏に、立山登山に挑戦してまいりました!!

結果からお伝えすると、トラブルは一切起きることなく無事に登頂を果たし、大満足、大成功でした

目の前に広がる壮大な景色に最後まで魅了され続け、行ってよかったなと心から思えました。

ただせっかくの感動も時間の経過とともに薄れていくのを感じたので、これはイカン!何か形に残さねばと思い立ちます。

写真を撮ってあるのでそれを見返せばいい話ですが、可能な限り登山時の僕が感じたことを残しておきたかったので、このたびブログを始めることにしました。

同時にこのブログが、立山登山に挑戦してみようかなと考えている方々への参考になればいいなとも思っています。

実際、登る前の僕も以下のような疑問を持っていましたので、主にこれらの疑問に答えながら、立山登山を振り返っていきたいと思います。

  • 立山登山の難易度はどの程度?
  • どんな準備が必要なの?
  • 下山までどれくらい時間がかかるの?

良質な登山情報が書かれているブログや本が沢山あるので、情報収集に困ることは全くありません。なので登山計画にあたっては、それらのメディアをご覧頂くのが基本的には良いと思います。

ただこの記事内では、僕含め登山者の体力や経験などを以下に記しておきますので、より近いスペックをお持ちの方にとってリアルな体験記になるかと思います。

 

「日帰り登山」

 

登山者

僕(管理人)

体力  ★★★☆☆

精神力 ★★☆☆☆

経験  ★★☆☆

計画性 ★☆☆☆☆

行動力 ★☆☆☆☆

運   ★★★★★

備考

172㎝痩せ型。普段、スポーツは全くしない。1500M級クラスの山を年2、3回登る。

冒頭で書いたように、登山開始後20分でリタイアをしたヘタレ集団トップランナー。

行き当たりばったりのノープランナーだが、持って生まれた運を最大限活用している。

ロマンチストである。

 

同伴者(アラサー女子)

体力  ★★☆☆☆

精神力 ★★★★★

経験  ★★☆☆☆

計画性 ★★★★☆

行動力 ★★★★☆

運   ★★★☆☆

備考

156㎝、ややぽっちゃり。運動経験はほぼ無しで、体力には自信がない。

登山経験は管理人と同等。

大のお菓子好き。

オールジャンルでアンテナが高く、有益な情報をキャッチできる。

バイタリティーが溢れ、精神エネルギーの塊。

常に先を見据えており、リアリストである。

 

分かりやすいほどに、凸凹コンビですね!

レポートが思いのほか長くなってしまたので登山レポートは、vol.1~vol.3の三部構成にしました。

今回は、富山駅~立山室堂までの行程を綴ったvol.1です。

最後まで読んで頂けると嬉しいです。

 

それでは早速、記念すべきブログ初記事まいります。

 

Let's climb Mt.Tateyama!

 

早朝の富山駅前

f:id:yukinohini-yusa:20190823161140j:plain

早朝5時頃の富山駅前です。

ここから立山最寄りの立山駅行き始発に乗ります。

何でそんな早いん?と思われたかもしれませんが、立山の入り口がかなり遠いので、日帰りでスケジュール組んだ場合は始発がマストなのです。

立山登山当日の朝をどこで迎えるかは皆それぞれですが、富山駅周辺で前日の宿をとるパターンがいちばん多いのではないでしょうか。

おススメは、立山駅周辺で宿をとることです。

何故なら、もう1時間寝ていられるからです。

早朝の1時間は、大きいですよね。

じゃあお前はなんで富山駅スタートなんだよと思われたあなた。

今一度、僕のスペックをお読みくださいませ。

僕の動き出しが遅く、気付いた時には立山駅周辺のホテルは全てうまっていたのです。

少なくとも1カ月前には、宿をおさえておくことを強くオススメしておきます。

 

普段は静かな富山駅ですが、お盆中は登山シーズン真っ盛りなので、登山客で賑わっていました。

各々黙々と準備をしながら始発の電車を待っています。

富山駅出発

f:id:yukinohini-yusa:20190823161134j:plain

AM5時

立山駅行きの始発に乗り込みます。終点の立山駅まで約1時間程かかるので、この間で睡眠をとることにしました。

4時起きは中々辛いものですね。

発車後、静かで起伏のない時間が続き、ゆりかごのように電車に揺られ続けられました。

しばらく景色を眺めていましたが、穏やかな田んぼの風景に癒されたのか、徐々に目が閉じていきました。

起きる頃には終点立山駅目前に。

ちなみにまだ朝食がとっていません。一応おにぎりを買ってて、電車内で食べる予定だったのですが、眠過ぎてムリでした。

言い忘れていました。

朝食はコンビニで買っておいたほうがいと思います。

立山駅や室堂ターミナルの食堂でご飯を食べることは出来ますが、なんだかんだで行っている時間がありません。

立山駅

f:id:yukinohini-yusa:20190823204214j:plain

AM6時

立山駅に到着すると、清々しい朝の光景が出迎えてくれます。

山々に囲まれ、空気は澄みわたり、小鳥の囀りが静かに響いていました。

この地点までくると気温がずいぶんと下っていて、少しひんやりとしましたね。(標高475M)

先程もお話ししましたが、やはりここで宿をとったほうがいいですね。

最高の朝を迎えられそうです。

 

ここから登山開始地点の室堂へケーブルカーとバスを乗り継いでいくので、ここ立山駅でチケットを買います。

 

ここで注意点を1つ。

チケットの購入に時間がかかります。

僕が到着した6時時点で、既にチケットカウンターではかなりの行列が発生しており、40分ぐらい並ぶことになりました。

電車始発で行ってこの有様です。

全ての登山客はここに集結するようになっているので、立山駅周辺のホテルに宿泊している人たちや、車で来ている人たちがいることを忘れてはいけませんでした。

ただ回避策があります。

この行列待ちを課しているチケットはいわゆる「当日券」。

当日券とは別に、WEBで先にチケットをおさえられる「予約券」存在します。

予約券があると、チケットカウンターで並ぶことなんて必要なくなりますので、皆様にはこの予約券を買っておくことを強くオススメしておきます。

僕も事前に知ってはいましたが、時既に遅く完売でした。(例によって行動力問題)

 

さてようやくチケットを購入し、ケーブルカーで立山駅を出発した時刻が7時半。立山駅に到着したのが6時過ぎでしたので、約1時間半もここで滞在していることになりますね。

何度も言いますが、

 

 WEB予約、大事です。

 

いざ室堂へ

f:id:yukinohini-yusa:20190823162548j:plain

ケーブルカーに約7分程乗ると、美女平という場所に着きます。

美女平の標高は977M。ここからバスに乗り約1時間かけて、標高2450Mの室堂へ向います。

途中では、富山県が誇る称名滝を眺められるように、ゆっくりバスが走行してくれました。その他、景色に合わせて丁寧なガイドアナウンスが流れるので、退屈せずに車内を過ごせます。

f:id:yukinohini-yusa:20190823162541j:plain

高度1500Mを駆け上がり、いつの間にか外の景色は一変。

下界からは完全に隔てられた世界になっていました。

f:id:yukinohini-yusa:20190823162618j:plain

AM8時半

ようやく到着しました!

ここが本当の登山入口である立山室堂です。

今までの行程は序章の序章に過ぎません。

にもかかわらず、既に十分過ぎるほどの満足感がありました。

だっていまだかつて見たことのない壮大な景色が目の前に広がっているんですからね。

叙景に乏しい僕は、「すげー」、「やばい」を連呼していました。

たかぶる気持ちをコントロールしながら、持ってきたカメラで撮影タイムに突入します。

この時に撮った写真の枚数が異常に多かったので、どうやら気持ちのコントロールは出来ていなかった模様です。

しかしスタート地点で長居するわけにもいきません。

時間に余裕があるわけでもないので、いよいよ出発します。

ここまではすこぶる順調です。

vol.1は一旦このあたりで終了します。

最後にまとめます。

 

  • 前日泊まるホテルは立山駅周辺がオススメ
  • ケーブルカー、バスのチケットは事前に予約しておきましょう

 

それでは次回Vol.2にご期待下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございます!