ゆさん歩

自分が体験して良かったモノ、コトを紹介しています。

【雨の日も楽しい】金沢のホテル「雨庵」でひたすらノンビリする 

こんにちは、遊佐です。

金沢への旅行計画を立てる際に、ホテル選びで迷うと思いますが、利便性を考えて大体は金沢駅前か、百万石通り近辺にあるホテルを選ぶはずです。

今回のブログではその中から「雨庵」をご紹介。

宿泊自体が楽しいと思えるホテルで、口コミでの評判も良く、きっと旅行の思い出の一つになると思います。

 

この記事はこんな人にオススメ
  • 金沢でオススメのホテルは?
  • ホテルでゆっくりしたい

 

【雨の日も楽しい】金沢のホテル「雨庵」でひたすらノンビリする 

雨庵

雨庵(うあん)

雨庵は2017年に開業した金沢のホテル。

金沢は雨の多い地域なのですが、観光に来て雨が降っているとつい気が沈みがちですよね。

ただそんな雨の日でも金沢を魅力的に感じて欲しいという想いが、名前に込められています。

 

多くのホテルが「百万石通り」という道路沿いに建てられている中、雨庵はそこから少しだけ離れた場所に佇んでおり、別邸に来た感があるんですよね。

街中なんだけど、街中っぽくない絶妙な位置、でも2、3分で百万石通りに出られる好立地。

また全室数47という小規模のホテルで、館内には宿泊客しか立ち入ることができませんので、いい意味で外界と遮断されたような感じです。

くつろげるラウンジ

最寄りのバス停「武蔵が辻・近江町市場」から徒歩約5分ほどの距離に雨庵があります。

雨庵

百万石通りから上がってくると、「UAN」の文字が見えてきます。

雨庵

入り口には雨庵のサイン。

既にいい雰囲気が漂っています

雨庵

ラウンジに入ると、ホテルのアイコンである書の彫刻「雨」がお出迎え。

作家は大河ドラマ「龍馬伝」の題字も手がけた紫舟さんです。

書の彫刻は2014年のフランス国民美術協会展にて金賞を受賞しており、「北斎は立体を平面に、紫舟は平面を立体にした」と評されました。

雨庵

ラウンジである通称「ハレの間」は2つの空間で構成されています。

片側の空間には小上がりの畳席を設置。

アートやライブラリーが備え付けられている他、伝統工芸に触れられるワークショップも時折開催され、宿泊客だけが参加できます。

単に休憩するだけでなく、金沢の文化や風土を学べる空間になっています。

雨庵

もう片方にはテーブル席が設置されており、チェックインはここで済ませます。

奥にはドリンクバーと地酒の試飲コーナー。

雨庵

地元の加賀棒茶の他、ジュース、コーヒーなど色々揃っております。

喉が渇いた時にいつでも飲みに来られますよ。

雨庵

コチラでは地酒が飲めます。

飲み比べなどのお試しセットもあるので、日本酒好きにはたまらないサービスですね。

ホテル内でゆっくりしたくなるようなサービスが整っているので、部屋とラウンジを行き来しながら半日過ごすのもアリですね。ジムもあるし。

雨庵

ラウンジで人気なのがコチラのお蕎麦です。

21時〜23時の時間帯に限り、宿泊客に出してくれるのですが、なんと無料。

外で飲んで食べてきた後の、〆の一杯にちょうどいいんですよね。

和モダンな部屋

雨庵

和テイストな部屋の入り口です。

玄関があるので、部屋には靴を脱いで上がります。

写真には写っていませんが、玄関にある棚に荷物一式を置いておけます。

雨庵

今回選んだ部屋は一番人気かつスタンダードのスーペリアツイン。

約30平米で、個人的に落ち着く広さですね。

随所に風情のあるデザインを入れており、和モダンテイストに仕上がっているのが特徴です。

雨庵

雨庵

雨庵

奥には坪庭があり、風情のある雰囲気作りをしています。

 

個人的オススメポイント

洗面台

一つは洗面台です。

雨庵

洗面台が長いので、二人で使うときに余裕をもって使えます。

なんやかんやで、いつも洗面台をモノで溢れ散らかしているので、個人的に助かるポイントです。 

バスルーム

旅行でよく歩いた日の夜は、お風呂で疲れを癒すのを楽しみの一つにしている人も多いのではないでしょうか。

雨庵は部屋で快適に過ごせるようにと意識しているせいか、お風呂にけっこう拘っています。

雨庵

約1坪のスペースで、洗い場付き。

家にいるような感覚でゆっくりできます。 

雨庵

 POLAのシャンプー、コンディショナー、ボディソープを雨庵オリジナルボトルで。

雨庵

極め付けはこれ。

リクシルのスパージュが全室に備え付けられています。

観光で歩きまわった疲れを癒すにはもってこいですね。

風呂好きの外国人にも好評なのではないでしょうか。

リーズナブルな料金

時期によって変動しますが、スーペリアツインの料金は14,000〜。

宿泊設備やサービスの他、文化的体験という付加価値を考えると、リーズナブルな設定だと思います。

観光拠点として申し分ない

雨庵の近くには近江市場があり、少し歩くと中心市街地「香林坊」や金沢駅にもアクセスできるので、観光拠点として申し分ありません。

それでいて、イイ具合に街中から離れているので、騒がしさが皆無。

周辺にお洒落な飲食店があり、百万石通りに出てすぐの場所にはセブンイレブンがあるのも助かる。

近所の定食屋

これはプチ情報です。

雨庵から徒歩5分ほどの場所に「竹乃家」という定食屋さんがあります。 

www.yusanpo.com

 

朝6時から営業しているので、素泊まりプランを選んでいる方は、朝ご飯を食べに行ってみてください。

ほぼ地元民しか知らないお店ですが、めちゃくちゃ美味しい定食が食べられるので、機会があれば是非。

漫画が置いてある、昔ながらの定食家さんです。 

まとめ

ここがポイント
  • 和モダンなデザイン
  • ラウンジのサービスがよく、くつろげる
  • 部屋のお風呂にこだわっている
  • 金沢駅から雨庵までバス徒歩で、約10分程度の距離
  • 金沢文化を体験できる

ホテルでゆっくりしたい、くつろぎたいという方には特にオススメのホテルです。今回ご紹介したスーペリアツインの他に、テラス付きや、大人数用の部屋などバリエーションがあるので、ご興味のある方は合わせて見てみてください。

PICK OUT

金沢

金沢に行こう

今や一大観光地となった石川県金沢市。

一度行くとまた行きたくなる魅力が金沢にはあります。

旅行といえばグルメは欠かせません。

皆さんが金沢に行かれる際の参考になるように、オススメのお店を紹介します。

HOT ENTRY

注目記事