ゆさん歩

自分が体験して良かったモノ、コトを紹介しています。

コスパ最高のインナーダウン「無印良品ノーカラーダウンジャケット」のサイズ感やコーデについて

こんにちは、遊佐です。

質問ですが、普段気に入って着ているコートやボアジャケットだけど、保温性がいまいちだな〜と思っている方はいませんか??

今回はそんなアウターの下に是非着てほしい、無印良品のインナーダウン「ノーカラーダウンジャケット」を紹介します。

 

価格はお財布に嬉しい5,990円

価格が安くても侮る事なかれ。

今回紹介する商品は、インナーダウンを選ぶ上で大切な以下の3つの機能性を持ち合わせています。

  • 暖かい
  • 重ね着しても重たくない
  • 重ね着しても着膨れしない

つまり暖かくて軽くて薄いということ。

ぜひ皆さんも一度お試し頂ければと思います! 

製品の特徴
  • オーストラリア産ダウン750フィルパワー使用
  • 中わた比率:ダウン90%フェザー10%
  • ノーカラーデザイン
  • パッカブル
  • 価格5,990円(税込)

 

コスパ最高のインナーダウン「無印良品ノーカラーダウンジャケット」のサイズ感やコーデについて

f:id:yukinohini-yusa:20210127154726j:plain

高品質なダウン

 今回ご紹介する無印良品のダウンジャケットには、オーストラリア産750フィルパワーのダウンが使用されています。

フィルパワーとは、1oz(約28g)のダウンがどれだけ大きく膨らむのかを表す数値です。

その数値が大きければ大きいほどダウンは天然断熱材である多くの空気を含むことが出来るので、軽くて高い保温効果を発揮するということになります。

厳密にいえば「フィルパワーが高い=そのダウン製品に相応の保温効果がある」というわけではないのですが、フィルパワーはダウンジャケット選びの一つの目安にしてもらっていいと思います。

 

実はこの750という数字は、本来アウトドア専業ブランドが扱う製品で出てくる数値なんです。

600以上のフィルパワーがあれば街着としては申し分ない良質な品とされる中、無印良品はなんと750フィルパワーのダウンを搭載しているのです。

つまり、街着としてはハイスペック過ぎるダウンを搭載しているということになります。

実際に使ってみたところ、かなり軽く暖かい

これで価格5,990円はコスパが良すぎる。

 

とはいえアウターを着ても着膨れしない程度に中綿の量を抑えているので、真冬にこれ一枚で外を歩けるレベルの保温性はありません。

あくまでインナーダウンとしてハイパフォーマンスを発揮出来るように、軽さ、薄さ、暖かさを上手くバランスさせています。

 

 

ミニマルデザイン

余計なデザインを廃したミニマルな見た目になっており、黒の色味や素材のマット感が高級感を出してくれています。

f:id:yukinohini-yusa:20210127154722j:plain

インナーとしてだけでなく、単体アウターとしても十分オシャレに着こなせるほど見栄えしています。

 

デザインに関しては他ブランドと比べて大きく変わっているところはありません。

個人的に気に入っている箇所はノーカラーになっているところ。

僕はタートルニットをよく着るので、ノーカラーとは相性がめちゃ良いんですよね。

後ほど、ノーカラーのデザインを活かしたコーデを紹介していますのでご覧ください。

f:id:yukinohini-yusa:20210127154716j:plain

両サイドのポケットはジップ式。

ちょっとしたことですが、落とし物を防げるので個人的に嬉しい仕様です。

僕は普段目薬やら小物をポケットに入れて歩くため、気付かないうちにポケットの入り口から落としていたりするんですよね。

なのでこのインナーダウンを着ている日は、落とし物の心配がなくなります。

サイズ感

172センチ、58キロの細身体型の僕はサイズMを着用しています。

無印インナーダウン

特に大きめでも小さめでもない極めてスタンダードなサイズ感なので、ジャストサイズで選んで大丈夫です。

インナーダウンはジャストサイズで選ばないと、インナーとアウター両方の役割を全うできないので、ご注意ください。

コーデ

ノーカラーのデザインを活かして、インナーにはタートルニットがオススメです。

少しアイテムを選ぶのがパンツ。

このインナーダウンはシルエットがタイトでもオーバーサイズでもなく「普通」なので、パンツはテーパードした細身を選んだ方が全体のバランスがとりやすいです。

オススメはイージーパンツ

 

合わせるアイテムの色は黒、グレー、白あたりを選べば間違いないですが、その中でもグレーは特にオススメカラーです。

ダウンの色が真っ黒ではなくて少しチャコールっぽい色味になっているので、インナーにグレーのタートルを選ぶと、綺麗な色合わせになるかと。 

f:id:yukinohini-yusa:20210127154731j:plain

もちろん黒タートルも鉄板です。

最近は黒タートルとネイビーのイージーパンツを合わせてみました。

f:id:yukinohini-yusa:20210127154713j:plain

ちなみにこのインナーダウンはパッカブル仕様です。

ひっくり返して所定の畳み方をすると、内蔵されている収納ケースにきちんと入るようになっています。

まとめ

ここがポイント
  • めちゃくちゃ軽い
  • アウターを着ても着膨れしないサイズ感
  • インナーダウンとしてはかなり暖かい
  • クセのないミニマルデザイン
  • リーズナブル

インナーダウン選びではユニクロやモンベルがよく比較対象に上がりますが、無印良品の選択はスペック的にもオススメです。

人気商品で、オンラインでは在庫薄になってきています。気になった方はお早めに!

 

【こちらもオススメ】

www.yusanpo.com

PICK OUT

iwc

IWCを付ける人

数ある機械式時計ブランドがある中で

なぜIWCを選ぶのか?

またIWCの時計を付けている人は

どんな性格や特徴を持っているのか?

そんなところを考察しています。

HOT ENTRY

注目記事