ゆさん歩 trip & hobby

金沢と富山を元地元民の目線でご紹介。また趣味であるカメラ、ファッション、脳科学についても少し書いていきます。

ご挨拶

皆様はじめまして。

このたびは当サイト「ゆさん歩」をご訪問頂き、ありがとうございます。
わたくし、管理人の遊佐(YUSA)と申します。

アラサーの独身男でございまして、都会と呼ばれる場所で色々な方にお世話になりながら日々を過ごしております。

僕は以前、金沢と富山で暮らしていたことがあり、今でも時間があれば行くほど気に入っている場所なんです。

「こんなところあったんだな~」と、住んでいた頃は知らなかったスポットを見つける度に、改めていいところだなと感じます。

f:id:yukinohini-yusa:20200201004724j:plain

金沢は観光地として、今とても人気がありますよね。でも10年以上前は、そうでもなかったんです。僕が学生の頃に、今や有名な金沢駅の鼓門がようやく完成し、観光地としてはこれからというところでした。

f:id:yukinohini-yusa:20200216224931j:plain

富山は、お隣の金沢ほど観光客が多い地域ではないので、正直よく知らないという方がまだまだ多いです。でも行ってよかったなと思ってもらえる場所が沢山あります。

僕が旅行に行ってよかったなと思えた時は、必ずといっていいほど現地で素敵な出会いがありました。

初めて出会うお店の方や、お店で隣に居合わせた地元の方、観光客。

そんな方たちとのコミュニケーションは新鮮で楽しく、ここにまた来たいと思わせてくれます。

僕は金沢や富山が、これから訪れるかもしれない皆様にとって「また来たい」場所になって欲しいのです。

 

「旅行、観光に行きたいんだけど、どこかいいところないかな」

「富山って行ったことないけど、どんなとこなんだろ」

 

こんな風に思われた時、当サイト「ゆさん歩」がきっと皆様のお役に立てると思います。

そして元地元民の管理人がオススメする金沢や富山を、少しでも気に入って頂ければ幸いです。

僕は旅行が大好きなので、行った先々で他にも素敵な場所があれば発信していきます。

最後に、観光情報を伝えていく管理人の趣味を簡単にご紹介。 

カメラ

f:id:yukinohini-yusa:20200304111207j:plain

写真はスマホで十分だと思っていましたが、ある日友達が持ってきた一眼レフで写真を撮らせてもらったことがきっかけでした。

モノを知らないというのは本当に勿体ないですね。

スマホ一択だった僕は、ついにカメラを買うことに。

丁度ミラーレスが台頭し始めており、紆余曲折の末にFUJIFILMに辿り着きました。

使用している機種は2つ。

FUJIFILM X-T2
FUJIFILM X-100F

ファッション

f:id:yukinohini-yusa:20200304110809j:plain

質問
  1. どんなジャンルの服装?
  2. どんなブランド、お店が好き?
  3. どんなスタイリングが好み?
  4. どんなファッション遍歴を辿った?
答え
  1. トラッドを中心に据え、スポーツテイストを混ぜたスタイル。
  2. ノースフェイス、アディダス、IWC(時計), チャーチ(靴)
  3. 無地系のアイテムを使った、シンプルなスタイリング。装飾品も付けない。
  4. 10年前まではトラッド100%だったが、徐々にスポーツテイストが混ざり始める。今では、トラッド60%、スポーツ40%の構成比に。

音楽

僕の音楽への第一歩はヴァイオリンでした。

5歳の頃から習い始め、クラシック畑で音楽の素養を身に付けます。

その後年相応に、J-POPやパンクなどトレンディミュージックにも、ハマりだしました。

ただ最終的に落ち着いたのはやはりインストゥルメンタルでした。

特にサントラですね。

映画、ドラマ、アニメ、ゲーム等のあらゆるジャンルです。

ヴァイオリンの影響があってかバロック音楽を基調としたサントラには昔から惹かれてしまう傾向があります。以下好きなモノ。

映画:greatest showman

ドラマ:大河OP(特に風林火山)

アニメ:ブラッド+

ゲーム:幻想水滸伝2

脳科学

f:id:yukinohini-yusa:20200227191424j:plain

なぜ集中出来ないのか?

なぜ覚えられないのか?

なぜストレスが起きるのか?

これらの問題に長年悩まされてきた僕は、脳の仕組みを理解することで日常に起こる出来事に論理的に立ち向かっていけるようになりました。

精神論では立ち行かないところで、サイエンスが最強の武器となるのです。

文明が発展した現代でも未解明の領域が多い脳は、宇宙と並ぶ最後のブラックボックス。

心理学や哲学ともリンクしており、興味が尽きることはありません。