ゆさん歩

自分が体験して良かったモノ、コトを紹介しています。

【京都の宿泊記】町屋ホテル「nol kyoto sanjo」で京都三条を楽しもう

こんにちは、遊佐です。

先日京都にお出かけしていたのですが、その際に利用したホテル「nol kyoto sanjo」がとても良かったので、今回ブログで紹介させて頂きます。

風情と利便性を兼ね備えており、京都観光にオススメのホテルです。

 

この記事はこんな人にオススメ
  • 京都のホテルはどこがいい?
  • 観光に便利な場所がいいな
  • 京都らしいホテルがいいな
  • 部屋でもゆっくり過ごしたい

 

【京都の宿泊記】町屋ホテル「nol kyoto sanjo」で京都三条を楽しもう

nol

nol kyoto sanjo

nol kyoto sanjoはその名の通り京都三条に位置するホテルで、2020年11月にオープンしています。

nolという名前は、「naturally」 「ordinarily」 「locally」の頭文字からきており、自分らしく普段通りに地域を楽しめるコンセプトを表しているそうです。

nol

nolはいわゆる町屋ホテルで、写真にも写っているように日本酒造「キンシ政宗」の販売所だった古い町屋を改装して作られました。情緒溢れる外観が京都の景観を保ちます。

京都の古き良き町並みを残すために町屋文化の継承は不可欠で、ホテルだけではなく飲食店や洋服屋、雑貨店など幅広いジャンルで町屋の店舗形態がとられています。

 

京都の他に、小京都と呼ばれる金沢でも町屋文化が残っており、情緒のある景観を楽しめますよ。

www.yusanpo.com

nol

nolからコンニチハ。

この日は秋間近とは思えないような暑さでした。

黒衣ならぬ黒コーデは京都の街並みに思いのほか映えるような気がします。

 

TOPS:estnation

PANTS:northface

SHOES:salomon advanced

ラウンジ

さて、ホテルに入るとすぐ右側にあるカウンターでチェックインを済ませます。

左側にはラウンジ。

nol

こちらのラウンジでは、日本酒やコーヒー、ソフトドリンクに加えてお菓子がフリーで利用できるようになっています。

僕もチェックイン後にさっそくサイダー缶を頂きました(この日ホント暑かったのよ)。

nol

ちょうどいいサイズで、ちょっと時間があるときにさくっと飲めるのがいい。

コーヒーは京都のスペシャルティコーヒー「ウニール」のもので挽きたてを頂けます。

nol

フリードリンクで最も嬉しかったのが、日本酒。

酒飲みにはたまらない状況です。

nol

キンシ正宗の日本酒が揃っており、それぞれの説明も書かれているので、自分にあったものを選びやすい。

僕も晩御飯に出かける前に、一杯頂きました。

nol

純米大吟醸の金鵄正宗を小菓子とセットで。

菓子は老舗の「伊藤軒」のものになります。

 

ラウンジの利用時間は7時から21時。日本酒サーバーは15時から21時となっていますので、利用の際はご注意ください。

お部屋

今回選んだプランはスタンダードの「Tsuboyu Superior」です。

nol

26平米のコンパクトな部屋で、2人で過ごす分にはちょうどいい広さ。

上手いことレイアウトされているせいか、数値以上に広く感じました。

nol

TVにはNetflixやYouTubeが入っており、部屋で過ごす際に助かります。

僕も寝る前にお酒飲みながらYouTubeを視聴していました。

あと細かいところですがTVの位置が良く、とても見やすかったです。

nol

ユニークなのは、ベッドの目の前に檜葉風呂があること。

お風呂に入りながら、ベッドでくつろぐ相方とおしゃべりするのは、なかなか面白かったですね。

もちろん間仕切りがあるので、見られながらお風呂に入るのに抵抗がある方はしっかり閉じておいてもろて・・・。

nol

入浴中は檜葉の心地よい香りでリラックス。気持ちよさそうに入浴している自分の写真を見せてもらったのですが、完全に自粛モノでした。

朝晩2回入りましたが、朝の檜葉風呂は特に心地よかったです。

nol

すぐ横にシャワー室もあるので、こちらもご利用ください。

nol

簡易キッチンは広めのスペースになっており、ゆったりと使えます。

先ほども書きましたが、やっぱり内装のレイアウトが良いんですよね。

 

ホテル周辺の店

nolにはレストランがありませんが、これは京都三条という場所を楽しんで欲しいというホテル側の意図によるものです。

確かにホテル付近には魅力的なランドマークが揃っており、それらを巡る拠点として申し分ありません。例えばエースホテルやショップが入った商業施設「新風館」や、京都を代表する洋服屋「RAINMAKER KYOTO」があったりしますね。

 

特に飲食系は名店が揃い踏みで、モーニング、ランチ、ディナーいずれの時間帯でも食事難民になることはないでしょう。

ちなみに僕はモーニングで、「スマート珈琲店」を利用しました。

smartcoffee

ホテルから10分弱ぐらいのところにあるお店で、フレンチトーストやホットケーキが人気です。朝から老若男女の幅広いお客さんで賑わっていましたよ。

 

さきほどホテルの近くにお店が揃っているから便利だとは言いましたが、テイクアウトしてホテルでゆっくり過ごすのもありです。nolの近くにはコンビニもあるので、お酒を買って部屋で夜会なり、Netflix見るなりするのも楽しいですよね。ラウンジで町の眺めを見ながらゆっくりコーヒー飲んだりするのも良し。

ホテルコンセプト通り、自分らしく、普段通りに、京都を楽しめると思います。

まとめ

ここがポイント
  • 情緒溢れる町屋ホテル
  • ラウンジではキンシ正宗の日本酒が楽しめる
  • 部屋でゆっくり出来るような気の利いたレイアウトと機能
  • 檜葉風呂がドッキングされた部屋がユニーク
  • 周辺店舗やランドマークへのアクセスが優れている

三条は面白いお店が多くて、改めて魅力的な地域だなと感じました。それにしても京都にきたらよく道に迷うこと・・・。

PICK OUT

gr3

サンダルの王道

ビルケンシュトックの定番モデル「アリゾナ」を

紹介しています。

機能性とファッション性を兼ね備えた

使い勝手のいい一足です。

HOT ENTRY

注目記事