ゆさん歩

自分が体験して良かったモノ、コトを紹介しています。

【ヒノキの香り】KITOWA(キトワ)のポーセリンディフューザーで森呼吸

こんにちは、遊佐です。

今回は日本のフレグランスブランド「KITOWA」からディフューザーをご紹介。

まるで森の中で深呼吸しているかのような安らぎを味わえる香りがして、海外ブランドのフレグランスとはまた違った雰囲気になっています。

とても上品な香りでもあるので、自宅だけでなく事務所に置いてお客さんを招く際にも効果的です。 

 

この記事はこんな人にオススメ
  • ディフューザーが好き
  • 落ち着いた香りが好き
  • 派手な匂いは好きじゃない

 

【ヒノキの香り】KITOWA(キトワ)のディフューザーで森呼吸

KITOWA

KITOWA

KITOWA(キトワ)は日本香堂が手がけるフレグランスブランド。

日本香堂といえば、お線香をイメージする人も多いのではないでしょうか?

1575年に創業して以来、日本の香文化を牽引し続け、2018年に日本初のメゾンフレグランスとして誕生させたのがKITOWAです。

改めて考えると、日本で人気のフレグランスは海外のものがほとんどですよね。

 

海外のフレグランスブランドと異なる特徴として、ヒノキ、クスノキ、ヒバといった和木のオイルをベースに香りが作られていること。

KITOWA

古来より日本人は和木と密接に関係しながら生活してきており、特にヒノキやクスノキは神木として敬われ、寺社仏閣の木材としても使われてきました。

そんな日本独自の精神性みたいなものをイメージして、KITOWAの香りは作られています。

KITOWA

ちなみにKITOWAという名前は「木」「永遠」「和」をかけたものだそうです。

「木」の文字を横に傾けるとKITOWAの頭文字「K」にもなっていますね。

僕はロゴを初めて見たときに、「木」の文字が円環を成していたことから、「木」と「環」でキトワなんだなと思ったのですが、こんな意味合いも少しは含まれているのかな?

ポーセリンディフューザー

内容物

箱がデカい。

KITOWA

中身はコチラ

  • 容器
  • 容器の蓋
  • スティック
  • リフィル(200ml)

KITOWA

実は最初、スティックを見つけられず、「入れ忘れか!?」と思ったんですよね。

底を漁っても見つからないし、1分くらい本気で探してたら、専用ケースに入れられて端にセットされていました(ぱっと見どこにあるか分からなくないですか?)。

 

香りは4週間ほど持続し、香料がなくなったらリフィルを追加購入します。

陶磁器

ポーセリンディフューザーは、容器とスティックが「有田焼」で作られています。

窯元は佐賀県嬉野市にある肥前吉田のブランド「224 porcelain」です。

長い年月で培われた技術を基に、決まった価値観に縛られないモノ作りをし続けており、新しい肥前吉田焼きを提案しています。

KITOWA

容器はもちろん、磁器製のスティックなんて僕は今まで見たことなかったので、最初見た時は中々の衝撃でした。

通常スティックは消耗品ですが、コチラの磁器製は半永久的に使えるのが実用的。 

インテリアとしても映えるので、部屋作りに拘っている方へのギフトとしてもオススメです。

ヒノキの香り

KITOWAが扱っている香りのバリエーションは、ヒノキ、クスノキ、ヒバの3種類あるのですが、今回ご紹介しているのはヒノキです。

KITOWA

皆さんも檜風呂とかで一度はかいだことがあるであろうヒノキの匂いがするのですが、当然そのまんまの匂いではありません。

ヒノキオイルをベースにして、ゼラニウム、イリスを加えることで華やかな雰囲気に。

またアクセントとしてサンダルウッド(白壇)が入っており、深みのある香りになっています。

ウッディ系としては、甘すぎないのがいい感じですね。

瑞々しく、とても安らぎます。

KITOWA

霊山のような神聖な森が情景としてイメージされるのは、日本人ならではの感覚でしょうか。

外国の人が匂うとどんな感想を述べてくれるのか気になることろです。

イメージを匂いに載せられる調香師さんて本当に凄いですね。

 

こんな商品もあるよ

今回ご紹介しているディフューザーの他にも、いくつかラインナップがあります。

  • オードパルファム
  • キャンドル
  • リフレッシュミスト
  • バスエッセンス
  • お香

個人的なオススメはバスエッセンスです。

自分用というよりもギフトとして。

KITOWA

特に風呂好きの方は喜んでくれそうじゃないですか。

一つで8回分です。

まとめ

ここがポイント
  • KITOWAは日本初のメゾンフレグランス
  • ヒノキオイルをベースに作っている
  • 神聖な森を連想させる香りで、安らぐ
  • ディフューザーの容器とスティックが有田焼で作られている
  • ギフトにもオススメ

原料が日本の歴史に根ざしているせいか、どこか懐かしい感じもしますね。

PICK OUT

金沢

金沢に行こう

今や一大観光地となった石川県金沢市。

一度行くとまた行きたくなる魅力が金沢にはあります。

旅行といえばグルメは欠かせません。

皆さんが金沢に行かれる際の参考になるように、オススメのお店を紹介します。

HOT ENTRY

注目記事