ゆさん歩

自分が体験して良かったモノ、コトを紹介しています。

【手ぶら男子必見】F/CE.のサコッシュはミニバッグとしてだけでなく、メンズコーデにも役立つ

こんにちは、遊佐です。

男性の皆さんは普段「サコッシュ」を使っていますか?

アウトドアシーンでは馴染みのあるミニバッグですが、数年前よりファッション性が注目され始め、街で使用する人も増えてきています。

サコッシュの魅力は、スマホやミニ財布といった必要最低限の荷物をお洒落に持ち運べること。

普段手ぶらの人や持ち歩くモノが少ない人にとっては最適のバッグです。

とはいえサコッシュだったらなんでもいいわけではなく、特に街で使う分にはデザインにこだわりたい。

 

そこで今回のブログではオススメのサコッシュとして、バッグ又はアパレルのブランド「F/CE.」SPECTRA SACOCHE(スペクトラサコッシュ)をご紹介。

使用感のレビューや着用コーデも載せていますので、今までサコッシュ自体を使ったことがないという方にも参考になるかと思います。

 

この記事はこんな人にオススメ
  • タウンユースに合うお洒落なサコッシュが欲しい
  • 普段手ぶらでお出かけしているが、カバンがあったらいいなと思うときがある
  • 必要最低限の荷物しか持ち歩かないミニマリスト

 

【手ぶら男子必見】F/CE.のサコッシュはミニバッグとしてだけでなく、メンズコーデにも役立つ

F/CE

F/CE.について

F/CE(エフシーイー)はファッションと機能美を融合させた日本のバッグ又はアパレルブランド。

ストリート、モード、スポーツなどの要素が詰まったアーバンスタイルが持ち味です。

デザイナーはポストロックバンド「toe」のベーシストとしても活躍する山根敏史氏。

シーズンのコレクションテーマを「ひとつの国」に定め、実際に訪れた国で体験した文化や風土をデザインへ落とし込んでいます(2021SSはUK)。

また「道具」としての機能性をストイックに追求しており、モノとしての完成度が非常に高いのが特徴です。

 

元々はFicoutureという名前で2010年にバッグブランドとしてスタートしたのですが、2016年にブランドネームを現在のF/CEに変更。

その後アパレルラインを始動させ、2018年には早くも東京コレクションに登場しています。

ブランド認知度はまだまだ高くはないですが、業界を中心にジワジワと人気が拡大して評判になってきています。

昨年にはアウトドアの「ノルディスク」や「ヘリノックス」、アパレルの「ディガウェル」など7つのブランドとのコラボが話題になりました。

SPECTRA SACOCHE

デザインと機能美

今回ご紹介するサコッシュ【SPECTRA SACOCHE(スペクトラサコッシュ)】はSPECTRAというコレクションラインの商品。

後ほどお話ししますが、SPECTRAとはバッグに使用されている素材の名前からきています。

F/CE

サイズは縦17センチ、横21センチと小さめ。

サコッシュは正直サイズが命といっても過言ではありません。

小さ過ぎたら実用性がないし、大き過ぎるとそれはもはやサコッシュではない。

その点SPECTRA SACOCHEはサコッシュ然としつつ、実用性もある絶妙なサイズ感になっています。

F/CE

遠目から見ると黒無地に見えるのですが、よく見ると素材特有の細かな黒格子柄になっているんです。

F/CE

控えめな光沢感があって、スポーティながら高級感のある見た目になっています。

ロゴの入れ方も控え目で良い。

このサコッシュも含めてですが、F/CEは素材やデザインが大人っぽいんですよね。

20代だけでなく、30代や40代の年齢層の方にファンが多いのも頷けます。

F/CE

サコッシュの肩がけストラップには細いロープが採用されていることが多いのですが、スペクトラサコッシュにはボディバッグのようなショルダーストラップが付けられています。

サコッシュのサイズに合わせて、ストラップ幅が少し細めに作られているのがポイント。

 

ストラップの各連結部はワンタッチで着脱出来るようになっています。

F/CE

F/CE

ポーチとして使用したり、バックパックに装着させたりできます。

収納性

F/CE

ポケットはサブとメインの計2つ。

デッドスペースがあまりないので幅ギリギリまで入ります。

サブポケットの縦幅は約9.5センチ以内のものに対応。

 

今回は普段僕が最低限持ち歩いている、「財布」「スマホ」「モバイルバッテリー」を入れてみます。

F/CE

 

www.yusanpo.com

www.yusanpo.com

 

F/CE

財布をサブポケットに、スマホとモバイルバッテリーをメインポケットにそれぞれ入れていきます。

サコッシュに入れるものは出来るだけスリムなものをセレクトするといいです。

F/CE

F/CE

見た目以上にけっこう入るのですが、調子に乗って入れすぎるとパンパンに膨れ上がり、ダサいサコッシュが出来上がります。

F/CE

メインポケットの中にはメッシュ状のインナーポケットが付いています。

小銭を少しここに入れておくとすぐに取り出せて便利ですよ。

サコッシュは必要最低限の貴重品を入れておけるので、旅行先で出かける際にも大活躍します。

スペクトラファイバー

F/CE

サコッシュの素材には、210デニールのコーデュラナイロンに400デニールのスペクトラファイバーを格子状に織り込んだ特殊素材が使われています。

何を言っているのかよく分からないと思いますが、要するにこういうことです。

  • 耐久性が高い(切り傷や摩擦に強い)
  • 軽くてしなやか
  • 水や汗に強い

コーデュラナイロン自体が上記の性能を備えているのですが、その性能をさらに強化及び補完するためにスペクトラファイバーが織り込まれています。

 

スペクトラファイバーとは?

ハネウェル社が開発した強靭な素材で、防弾ベストなどに使われるアラミド繊維の約1.4倍以上の強度を誇る。

耐切創性(切り傷耐性)や耐摩耗性に優れるので、手袋などの保護具にも使用されている。

アラミド繊維でさえ高い耐久性を備えているのですがそれを軽く超越し、さらにアラミド繊維の弱点であった水、汗、化学薬品、紫外線への耐性まで備えちゃった。

そして・・・軽い!

一体なんの脅威から身を守ろうとしているのか分かりませんが、とにかくドン引きするぐらいめちゃくちゃ頑丈な素材が使われているということです。

 

コーデ

F/CEのサコッシュはミニバッグとしてだけでなく、コーディネートを作るアイテムの一つとしても有用です。

特にストリートやスポーツ、モードのテイストを含む現代的なファッションとの相性がいいと思います。

F/CE

  • トップス: ユニクロ / エアリズムコットンオーバーサイズドTシャツ
  • パンツ:  ユニクロ / スリムフィットチノ
  • シューズ: Salomon / XT-QUEST ADV
  • 時計:   IWC / MARK17

www.yusanpo.com

時に面白みに欠けてしまうユニクロコーデですが、サコッシュを添えてやるだけで脱マンネリできます。

真下に垂れるリング付きのストラップもアクセントに。

 

アウター着用時は、アウターの中にサコッシュを挟んでみる。

F/CE

アウターの中からサコッシュをちらっと出すと、コーデ全体がいい感じにまとまるんですよね。

もちろんアウターの上から着用してもいいんですけど、開いたアウターのフロントにサコッシュがまたがるのが邪魔なんです(笑)。

 

【こちらの記事でもサコッシュを使ったコーデを載せています】

www.yusanpo.com

実際に使っていて思うのが、めちゃくちゃ軽いということ。1日中身につけてても全く疲れませんよ。

こんな種類もある

F/CEは他にもサコッシュのモデルをいくつか展開しています。

 

素材にアウトドアでお馴染みのX-PACが使用されているモデル。

明るい色のバリエーションが豊富で、レディースにもオススメです。

僕はこのモデルと最終的に迷いました。

 

コーデュラナイロンといえばのインビスタ社と共同開発したサテンコーデュラナイロンを使用。

綺麗だけど耐久性がないサテンに、コーデュラナイロンの強度が加わっています。

またファスナーに個性的な持ち手が付いていたりと、今回ご紹介したサコッシュの中では最もファッション性が高いモデルであると同時に主張が強め。

ブランドロゴの入れ方が三者三様なので、選ぶ際のポイントにしてみてください。

まとめ

ここがポイント
  • タウンユースに合うお洒落なデザインで、シンプルコーデのアクセントになる
  • 見た目が大人っぽいので、幅広い年齢層の方にオススメ。
  • 耐久性が抜群なので気負いなく使える
  • とても軽いので1日中持っていても疲れない

F/CEには他にも有名なバックパックのモデルがあったりしますので、ご興味ある方は一度ウェブサイトをチェックしてみてください。

 

【F/CE. /  SPECTRA SACOCHE】

素材

ナイロン100%
サイズ

縦:17センチ

横:21センチ

ストラップ:全長114センチ

ストラップ幅:3.8センチ

重さ 130g
ブラック(黒)、グレー
備考

スペクトラファイバー使用

ストラップ着脱式

PICK OUT

金沢

金沢に行こう

今や一大観光地となった石川県金沢市。

一度行くとまた行きたくなる魅力が金沢にはあります。

旅行といえばグルメは欠かせません。

皆さんが金沢に行かれる際の参考になるように、オススメのお店を紹介します。

HOT ENTRY

注目記事