ゆさん歩

自分が体験して良かったモノ、コトを紹介しています。

【スリムなボディ】アンカーの急速充電器「Anker Power Atom Ⅲ Slim」をレビュー

こんにちは、遊佐です。 

皆さんは普段、スマホやPCといったデバイスを充電する際に、付属の充電器を使っていますか?

であればこんな風に思ったことがあるかもしれません。

  • 外出先ではもっと素早く充電したい
  • スマホやPCなどを買い替える際に充電器まで替えるのが嫌だ
  • でかいPCアダプタを持ち歩くのが嫌だ

今回はそんな悩みを解決する急速充電器「Anker Power Atom Ⅲ Slim」をご紹介。

発売から約1年半が経ちましたが、今でも人気が高い商品です。

 

ちなみに急速充電器を購入したからといって、それまで使っていた付属充電器を捨てる必要はありません。

外出時の急速充電だけが目的であれば、急速充電器は持ち運び用としてカバンに入れた状態にしておき、付属充電器は家用として使いましょう。

 

尚、記事後半で注意点を記載しているのであわせてご確認ください。

 

この記事はこんな人にオススメ
  • 外出先で素早く充電したい
  • 携帯しやすいサイズの充電器が欲しい

 

【スリムなボディ】アンカーの急速充電器「Anker Power Atom Ⅲ Slim 30」をレビュー 

Anker Power Atom Ⅲ Slim

Anker Power Atom Ⅲ Slim

PowerIQ3.0搭載

PowerIQ3.0とはアンカー独自の急速充電技術のことです。

Anker Power Atom Ⅲ Slim

USB-PD(以降PD)やQuick Charge(以降QC)といった急速充電規格と互換性があるので、対応する様々なデバイスを急速充電することができます。 

  • PDはアップルや一部のアンドロイドに搭載されている充電規格。例えば8〜のiPhoneはPDに対応しているので急速充電できます。
  • QCは主にアンドロイド端末に普及している充電規格

 

業界にはPDやQC以外にもアップルの独自規格があるなど様々な充電規格が乱立しているため、専用の充電器をそれぞれ持っておく必要があるのですが、そんなことしなくていいよ!というのがPowerIQ3.0。

接続したデバイスの充電規格を自動検知して適切な給電をしてくれます。

ある時はPDのように、ある時はQCのように機能するので、充電器を1つに統一できるんです。

最大30W出力

PDやQC対応のデバイスに対して最大30Wの急速充電をすることができます。

例えば僕が普段使っているiPhoneSE2はPD対応なのですが、1%から50%まで充電する際に以下二つの充電器ではどのぐらい充電時間に差が出るか?

Anker Power Atom Ⅲ Slim

  • 付属の純正充電器→約1時間
  • 紹介中の急速充電器→約30分

30分の短縮はかなりの時短です。

SE2以外のiPhoneでは、8以降の機種がほぼ同じ効果を得られます(それより前はPDに対応していません)。 

※たまに誤解している人がいるのですが、「30分で50%だから1時間で100%」というわけではありません。急速充電は80%ぐらいまでに適用され、その後は低速充電にスイッチするので、80%から100%への充電には時間がかかります。

 

他に30W出力が有効なデバイスはというと、

ipadpro11

iPadPro11インチ(2020年モデル)も急速充電が可能。

macbookairm1
MacBookAir13インチ(M1)は急速ではないけど充電可能です。

もし急速充電をしたければ45W以上出力できる充電器が必要。

例えばコチラ。

www.yusanpo.com

ポートが2つあるので2台同時充電も出来ます。

 

またスマホやPC以外だけでなく、PD対応のモバイルバッテリーも急速充電できます。

例えばコチラ。

www.yusanpo.com

同じアンカーのモバイルバッテリーです。

いつでもどこでもケーブル不要で充電出来るので便利。

スリムなボディ

「フリスク」みたい

この充電器はその形状から、フリスクのようだと形容されることがあります。 

Anker Power Atom Ⅲ Slim

とにかく薄いんです。

三辺サイズは7.6×4.5×1.6(㎝)。

薄さ1.6センチは充電器としては世界最薄になります。

この薄さを実現させているのがGan(窒化ガリウム)という新素材です。

それまで使用されていたシリコン半導体に比べて、エネルギー効率が高い上に基盤部品が少なくて済むので、従来よりもコンパクトなボディに仕立てることが出来ます。

Anker Power Atom Ⅲ Slim

同じ出力値であるアップル純正充電器と比べると一目瞭然ですよね。

そして重量は57gと軽く、携帯用の充電器としてはこれ以上のモデルを見つけるのが難しいくらいです。

 

実は今回ご紹介しているモデルの後継に「Anker Power Atom Ⅲ Slim 45」というものがありまして、最大出力が45Wにアップグレードされています。

「じゃあ大は小を兼ねるでこっちでいいやん」という話ですが、そうでもないんです。

肝心の極薄サイズがボリュームアップしていたり、45Wが人によってはオーバースペックだったりと、一概にコッチがいいとは言えません。 

例えばスマホやiPadProの急速充電、又はMacBookAir13インチの通常充電には30Wで十分です。

デザイン

見た目がお洒落なので所有欲も満たしてくれます。

Anker Power Atom Ⅲ Slim

色違いに白色もあるのですが、僕は黒色がお洒落かなと思っています。

またプラグが折り畳み式なので、他のモノと混在したときに傷つけることもありません。

Anker Power Atom Ⅲ Slim

と言いながら5mmほどはみ出しているので、念の為に繊細なモノとは混在させないほうがいいと思います。

 

この充電器にぴったりなガジェットケースを紹介しておきますね。

www.yusanpo.com

吊るせるケース

無印良品の名作「吊るせるケース」をガジェットケースとして活用しているのですが、薄い形状のアイテムと相性がいいんです。

アンカー充電器とセットでオススメです。

 

ケーブルが必要

見落とされがちですが、急速充電をするには充電器だけでなくデバイスとケーブルが急速充電に対応している必要があります。

この3つが揃っていなくても充電自体は可能ですが、急速にはなりません

 

再びiPhoneSE2を例にしますね。

先ほども書きましたようにiPhoneSE2はPDに対応しています。

しかし付属のケーブル(USB-A to lightning)が急速充電に使えません。

なのでこの場合は「USB-C to lightning」ケーブルを別途購入する必要があります

Anker Power Atom Ⅲ Slim

iPhone8以降の場合も同様です。

iPadProやMacBookは、必要になる「USB-C to USB-C」ケーブルが本体に付属されているので購入不要です。

デメリット

コンセント問題

スリムでコンパクトなのですが、実際に使っていると不都合なシーンも見えてくる。

  1. 隣のコンセントに干渉する時がある
  2. コンセントに対して垂直に刺せない

 

1に関して

スリムとはいえ横幅が少しある(4.5㎝)ので、電源タップの種類によっては隣に干渉してしまって刺さらないということが発生する。

Anker Power Atom Ⅲ Slim

 

2に関して

プラグが90度開きなので、壁コンセントに対して垂直に刺すことができない。

Anker Power Atom Ⅲ Slim

もし上下のコンセントが埋まっていたら使えないということです。

180度開きだったらよかったな〜。

 

コンセントを誰かとシェアする場面になった際はご注意ください。

PD規格違反

冒頭でPowerIQ3.0はPDと互換性があるという話をしました。

このPDには「パワールール」という互換性に関する決まり事があるのですが、実はPowerIQ3.0はそれに沿っていません。

パワールールでは、4つある出力ラインのひとつである5Vに対して3Aを規定しているのですが、この充電器は2.4Aを通知します。

そのためPD対応であったとしても一部のデバイスとは互換性がなく、実際に以下のような事例が少ないですが起こっているようです。

  • 充電できない
  • 充電できるが遅い

 

商品情報にアップル製品やUSB-C対応機器などの主要な対応機種が表記されているので、そちらも参考にしてみてください。

口コミを見る限りは多くの人が問題なく対応出来ているようですが、もしかしたらご自身が使っているデバイスとは互換性がないかもしれません。

 

念のためにお伝えしておくと、規格違反だからデバイスが故障してしまうということではなく、充電がうまく出来ない可能性があるという話です。 

 

不安な方には、PowerIQ3.0をアップデートさせたPowerIQ3.0(gen2)のモデルがオススメです。

PowerIQ3.0(gen2)はパワールールに沿っているので、互換性がより高くなります

スリムサイズという外観上のメリットを抜きにすると、中身の完成度はコチラのほうが間違いなく高いです。

まとめ

ここがポイント
  • PDやQCといった急速充電規格と互換性がある
  • スマホやタブレットを急速充電できる
  • スリムサイズで軽量なので携帯しやすい
  • 見た目がお洒落

デメリットもはっきりと書かせてもらいましたが、それを上回る利便性があるので、僕はめちゃ重宝して使っています。

 

【Anker Power Atom Ⅲ Slim】

性能 

PowerIQ3.0搭載

PSE認証 

サイズ 7.6×4.5×1.6(㎝)
重さ 57g
黒色(ブラック)と白色(ホワイト)
備考

プラグ折りたたみ式

PICK OUT

金沢

金沢に行こう

今や一大観光地となった石川県金沢市。

一度行くとまた行きたくなる魅力が金沢にはあります。

旅行といえばグルメは欠かせません。

皆さんが金沢に行かれる際の参考になるように、オススメのお店を紹介します。

HOT ENTRY

注目記事