ゆさん歩

神戸のカフェやランチ、ディナーに使えるオススメのお店を紹介しています!

New Posts!

FUJIFILM「 X-100F」を愛する理由

※2020年10月26日更新

 

こんにちは。遊佐です。

今回は、愛用するカメラFUJIFILM「X-100F」のレビューを書きます。

レビューというよりも、僕は何故にX-100Fが好きなのかを探っていこうとする内容です。

次の視点でそれぞれ深掘ってみました。

  • デザイン
  • ライフスタイル
  • レンズ

僕は一体X-100Fの何に惹かれたのか。

それではまいります。

FUJIFILM「 X-100F」を愛する理由

f:id:yukinohini-yusa:20200206204510j:plain

レトロモダンなデザイン

何事も第一印象が肝要です。

僕はX-100Fを初めて見た瞬間に、魅力的なカメラであると即断していました。

f:id:yukinohini-yusa:20200206235430j:plain

これまで脳に記憶させてきた色んな経験が結びついて、僕はX-100Fをお洒落なカメラだと認識したんです。

なので僕と全く違う経験をしてきた人の場合、X-100Fを見ても何とも思わないどころか、ダサいと認識するかもしれません。

経験の内、大きく影響しているものの1つはファッション観だと思います。

このファッション観を以下4つの項目に分けて表現してみます。

Q.

  1. どんなジャンルの服装?
  2. どんなブランド、お店が好き?
  3. どんなスタイリングが好み?
  4. どんなファッション遍歴を辿った?

 A.

  1. トラッドを中心に据え、スポーツテイストを混ぜたスタイル。
  2. ラルディーニ、エストネーション、ノースフェイス、アディダス、IWC(時計), チャーチ(靴)
  3. 無地系のアイテムを使った、シンプルなスタイリング。装飾品も付けない。
  4. 10年前まではトラッド100%だったが、徐々にスポーツテイストが混ざり始める。今では、トラッド60%、スポーツ40%の構成比に。

f:id:yukinohini-yusa:20200206233617j:plain

f:id:yukinohini-yusa:20200206232951j:plain

近い内容の答えをお持ちの方は、X-100Fのことが好きになるかもしれませんよ。

このように書き出してみると改めて分かるのですが、X-100Fと僕のファッションスタイルには、ある共通点がありました。

  • クラシックかつモダン
  • トラッドとスポーツの融合

 

まとめるとこうなります。

「伝統的スタイルを現代風にアップデートする」

 

正直なところ、SONYのRX1やRX100も好きなんです。

あのコンパクトかつシンプルなデザインにはかなり惹かれます。

  • シンプルスタイルが好き
  • スポーツスタイル要素40%

恐らく、こういった僕のファッション観が影響していますね。

しかし僕が持つファッション観の中で、最も構成比が高い「トラッドにスポーツテイストをミックス」の要素がRXには全くありません。

なので実際に僕はX-100Fを選んでいますし、SONYよりも好きなんです。

デイリーライフ型

f:id:yukinohini-yusa:20200206213754j:plain

X-100Fはコンデジなので、小さなカバンに入れて携帯しやすいです。

僕にとって、携帯しやすいというのは大きなアドバンテージなんですよ。

というのも僕は日常生活で、カメラを首からぶら下げて出歩いたりはしません。

カバンの中に入れているか、手で持っているかのどちらかです。

なんでこんなことを言っているのかというと、僕が「カメラを持って何かを撮りにいく」のではなく、「どこかに行くのでカメラを持っていく」スタイルの人間だからです。

もちろん「何かを撮りたいな!」と思う時はあるので、そんな時はミラーレスのX-T2を持って行きます。

しかしそれは非日常とも言える旅行の時に限られるんです。

それよりも僕は、日常の何気ないシーンを撮っていたいので、撮影行為に気軽さを求めています。

ここでいう気軽さとは、自然体ですっと街中の空気に溶け込めること。

具体的にいうと、シャッター音が静かであるとか、カメラサイズがコンパクトだから撮影行為が目立たないとかです。

X-100はまさにストリートスナップ向きですね。

 

 

ユニークなレンズ

これは好きな要素というか、疑問ですね。

疑問故に、その対象に対して興味が沸き、ついには好意を持つんです。

X-100Fには固定式レンズが搭載されているのですが、このレンズがかなりユニーク

ちなみにF値はF2~F16となっており、開放で撮るとこうなります。

f:id:yukinohini-yusa:20200206222038j:plain

ぼやけ過ぎて何事ですか!?ていう感じです。

でもこれ故障ではないんですよ

 

「じゃあなんでこんな写りなの?FUJIFILMはこれまでに優秀なレンズをいくつも作っているのに、おかしいじゃないか」

 

甚だ疑問ですよね。

ここで改めてレンズへの疑問を再設定します。

 

Q.

「優秀なレンズを作れるFUJIFILMが、何故こんな謎の写りをするレンズを搭載させているのか」

 

それでは少しづつ紐解いていきます。

まず故障ではないので、「意図的に搭載させている」ということです。

ではFUJIFILMの意図とは何か?

ここで一旦、FUJIFILMカメラの特性を確認しておきます。

  1. 操作体系
  2. フィルムシミュレーション

1.操作体系

f:id:yukinohini-yusa:20200207000242j:plain

FUJIFILMのカメラは操作系がアナログです。

シャッタースピード、ISO感度、露出の設定を物理ダイアルで行います。

この物理ダイアルは、使い手が直観的で快適なダイアル操作を行えるようにと、FUJIFILMが常に拘っている個所です。

「撮る」行為をいかに重要視しているのかが分かります。

2.フィルムシミュレーション

フィルムシミュレーションもFUJIFILMの大きな特性です。

使い手が色彩と階調性を選べるようになっています。

FUJIFILMがフィルムメーカーとして、長年にわたって培ってきた色設計があればこそです。

フィルムシミュレーションの中でもクラシッククロームの人気は特に高いですよね。

僕は最近、proviaと pro neg. stdで撮ることが多いですが、クラシッククロームもやはり大好きです!


FUJIFILMの特性をまとめると以下のようになります。

「各所設定してから撮ることで、良い写真が生まれますよ」

 

これを踏まえると、FUJIFILMがX-100Fのレンズを作った意図が分かりました。

  • 「なんでかんでも開放で撮らないで、ちゃんと考えて設定してね」
  • 「きちんと被写体と向き合い、どのように撮りたいのかをイメージしてね」

初心者がやりがちな「とりあえず開放」の抑止力として、開放ボケボケ性能をレンズに組み込んだのかもしれませんね(えらそうに書いていますが、個人的見解なので事実かどうかは分かりません)。

まとめ

僕は、X-100Fのどこが好きか?

  1. レンジファインダー型のレトロモダンなデザイン
  2. 携帯性が高くストリートスナップに向いている
  3. 固定式レンズがユニークで面白い

 

あともう一つ付け加えるとしたらこれですね。

「フラッグシップ機の、センサーと画像処理エンジンが搭載されていること」

 

当時のフラッグシップ機であったミラーレス一眼「X-T2」や「X-PRO2」のパフォーマンスを、コンパクトデジカメであるX-100Fでやっちゃうということです。

X-100Fがスーパーコンデジと評される所以の1つですね。

X-100Fはシリーズの4代目で、これまでのアップデートを経てついに完成の域に達したと言われています。

現在は5代目のX-100Vが販売されていますが、X-100Fの中古価格はその人気故に値が中々下がりません。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

富士フイルム コンパクトデジタルカメラ FUJIFILM X100F (シルバー)
価格:95500円(税込、送料無料) (2020/10/26時点)

楽天で購入

 

 


僕はX-100Fに出会えて本当に良かったと思っています。 

格好良くて、日常に溶け込めて、撮るのが楽しい、個性的なカメラ。

最高じゃないですか。

FUJIFILMの皆様本当にいつもお世話になっております。

 

www.yusanpo.com

 

それでは最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

5代目のX-100V発売間近・・・。