ゆさん歩 trip & hobby

金沢と富山を元地元民の目線でご紹介。また趣味であるカメラ、ファッション、脳科学についても少し書いていきます。

大切なモノは、すぐそばにあった。X-100Fとの邂逅。

f:id:yukinohini-yusa:20200127233257p:plain

前回記事から、少しあいてしまいました。

仕事に夢中?になってしまったり、温泉の旅に出たり、二日酔いになってしまったりで、記事作成に着手できず。

ようやく落ち着いてきたので、書きためていたネタを、少しずつ放出していこうと思います。

ところで、立山レポートで掲載している写真は、FUJIFILMのX-100Fというカメラで撮っています。

僕はこのX-100Fが大好きで、旅行の際には必ずといっていいほど、携帯しているのではないでしょうか。

この記事では、僕がX-100Fとどのようにして出会ったのかについて、述べていきます。また次回以降の記事になりますが、X-100Fの私的レビューも書きたいと思っております。

先に断っておきますと、僕はX-100Fを皆様にオススメするつもりは全くありません。X-100Fに魅了された僕が、このカメラのどこが好きなのかを、勝手にひも解いているだけです。

それでは早速いきましょう。

 

なぜX-100Fを購入したのか?

僕は元々、同じくFUJIFILMのX-T2を持っていました。

話はX-T2購入後に遡ります。

X-T2を購入してから2週間後くらいに、まさかの「X-PRO2にしておけばよかったかも」という、後悔の念に駆られました。

youtubeで、たまたまX-PRO2のプロモーション映像を見たときに、「このカメラ、格好いい」と思ったんです。

X-T2を購入時に、X-PRO2の存在は知っていましたが、その時は一眼のカメラ然としたものが欲しかったので、X-T2一択でした。

 

youtubeを見た次の日に、電気屋さんにX-PRO2を見に行った僕は、後悔することになります。このカメラが購入対象に何故ならなかったのか、不思議に思うほどに恰好いいカメラでした。そして自分に問いかけます。

 

「お前は何故このカメラに、最初から気付けなったのか?」

 

 

それからというもの、電気屋さん通いが始まります。仕事終わりにひたすらX-PRO2を見に行きました。見れば見るほど格好良いんですよね。機能面や使用感は二の次で、ひたすらヴィジュアルに見入っていました。

途中から、X-T2との2台持ちを考えるほどに、購買欲が出始めます。

 

しかし

 

購買欲が出るのと同時に、以下のような思考を辿り始めたのです。

 

「しまったな~あの時にX-PRO2を買っておけばよかったな。」

そんな「後悔」という不快感を解消する為に、徐々にX-PRO2を否定し、X-T2を肯定し始めました。

 

  • X-PRO2はビルトインダイヤルが使いにくいから、実戦向きじゃないよね。
  • なんかバカでかくない?
  • よく見たらX-T2の方がお洒落だわ。

 

【思考結果】

「X-T2を買って正解だった」

という、自分に都合のいい事実を作りだす。

 

 

いわゆる認知的不協和に陥った僕は、無事に?X-PRO2の呪縛から解き放たれ、購入を思いとどまります。しかし、レンジファインダー型カメラの存在は、頭の中に強く印象付けられていたのでした。

迷いを振り切ったその後は、X-T2で写活をしていきます。

買ったことを後悔とか書いてきましたが、実際はすごく楽しめました。今では愛着が沸いているほどです。

少しでも浮気しようとしてゴメンナサイ。

 

ですがそのうちに、もう少しちいさなカメラ、サブ機が欲しいなと思うようになったんですよね。

購入して半年足らずで、サブ機もへったくれもないのですが、僕にとって、X-T2のヴィジュアルはカメラ然とし過ぎており、普段使いには少々派手に見えるのです。

ここから再びカメラ探しが始まります。

最初は、X-E3が候補に挙がり、何度か見に行きました。しかしどうしても、デザインが好きになれなかったので、購入を見送ります。

そんな時、FUJIFILMコーナーの端っこで、素敵なオーラを放っているカメラに出会いました。

 

ここでついに、X-100Fとの邂逅です。

X-PRO2の時以上に、サンプル機を見つめ、触りまくったのを覚えています。

レンジファインダー型の端正なデザインに魅了された僕は、家に帰った後に、このカメラに関するあらゆる情報を集めました。

そして知れば知るほど、買うべきカメラはこれだなと思うようになります。

そしてまたも、あの疑問を自分に問いかけることに。

 

「お前は何故このカメラに、最初から気付けなったのか?」

 

これに関しても、明確な答えがあります。

サブ機を選ぶ際の必須条件に、「レンズ交換式の一眼である」を無意識に設定していたからです。

この条件が設定されてしまっていたことで、レンズ固定式のX-100Fは、選択肢から有無を言わさず除外されていたんです。

 

購入までに時間はかかりませんでした。

X-100Fのヴィジュアルを最初に見た時には、購入の意思はほぼ固まっていたので、後は機能面や付加価値を根拠にして、購入理由の裏付けをする作業のみです。

なんとたやすい作業だったことか。

買うべきカメラはこれだったんだと、満を持して自分をレジカウンターへと送りだします。

手に入れた時の満足感は言うまでもなく。

いや、ホントは叫びたい。

f:id:yukinohini-yusa:20200126001945j:plain

Xだけに

100fだーっ!!

(誰かわかってくれる?笑)

 

僕のX-100Fライフは、このようにして幕を開けました。

FUJIFILM デジタルカメラ X100F シルバー X100F-S

FUJIFILM デジタルカメラ X100F シルバー X100F-S

  • 発売日: 2017/02/23
  • メディア: エレクトロニクス
 

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。